仏教

2020年05月06日

タイ人とお酒

みなさんおはようございます。

ご存知のようにタイは国民の大半が仏教徒である、仏教国。

そんなタイでは、仏教在家信者の守るべき五戒として、

殺生をしない、盗みをしない、淫らな行為をしない、嘘をつかない、酒を飲まない、

とあるのは国民皆の知るところ。

そして、敬虔な仏教徒であるタイ人はこの戒を日々胸に。。

とは実際いかない生活をしているだけに、

5つどころか、227もの戒を守って生活をされている僧侶を敬う気持ちが自然とおこるのかもしれません。

さてさて、先月のソンクラン時期から20日間禁止されていたアルコール販売が、今月より解禁になり、
IMG_2200

解禁日には、ゾンビのごとくワゴンに積まれたビールに群がる人々の様子が、

SNS動画で流れ、皆の笑いを誘っておりました。

飲酒という行為が悪行であるという共通認識と、

それでもやってしまう煩悩にまみれた人間というコントラストにより、

自虐的な味付けを持って、笑いが倍加されていたのでは?

というのは、ちょっと考えすぎでしょうか。。

あと、タイにいらした方はご存知だと思うのですが、

1日の間でもコンビニやスーパーなどでお酒を買うことができるのは、

11-14時、17時-24時と決まっていて、お酒の販売に対してある程度の枷はかけられています。

しかし、夜中になると、日本と違い、「なくなったらまた買えばいいや」、ということができないため、

どうしても買いだめの癖がつき、結局酒量が増えているのではないか、

と、いらぬ心配をしてしまったりするのであります。

しかし、お酒を飲まない人を見ていると、そのぶん、糖分に依存している人も多く見られるため、

口寂しさを紛らわすアイテムとしては、まだお酒の方がいいんやろか?

なんて思ったり。

お酒にしろ、お菓子にしろ、揚げ物にしろ、

人は、なぜこうも自分の体を痛めつけるものに快楽を求めてしまう生き物なのでしょうか、

と、また不毛なことをグルグルと考えてしまった、ステイホームの夜なのでした。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)

2017年03月06日

みなさまのおかげで

みなさまおはようございます。

今週はうれしい報告で始めさせていただきます。

えー、私、この度、高野山大学大学院文学研究科 密教学専攻通信課程を無事修了することができました
 
以前、「縁は空を越えて」シリーズでは修士論文完成にいたるまでの道のりと、その過程で分かってきた、今ここへの気づきの大切さについて書かせていただきました。

「仏教瞑想による気づきの開発とその現代的意義」というタイトルで書いた論文は、突っ込みどころが満載な甘々な論文であるとは思いますが、書きたいことが書けたという意味で、自己満足しております。

特にタイの気づきの瞑想については、タイという国との縁がなければ書けなかったものであり、その点でも書くべきものが書けたかなと感じています。

大学院修了後も今ここ生活を心がけ、また機会があればなんらかの形で仏教や気づきの瞑想とも関わっていけたらいいな、と考えております。

来週の学位授与式は修了式であるとともに、新たなスタートであると心して参加させてもらう所存です。

つたない論文を最後まで見捨てずに指導してくださった井上ウィマラ先生、スクーリングやレポートで仏教や密教の知識を教授していただいた高野山大学の先生方、人生で本当に大切なことをその著書やお言葉から教えてくださったタイのカンポンさん、そんなカンポンさんと会う機会を作っていただき、論文作成においても力を貸していただいた、ライトハウスの浦崎雅代さんと旦那さんのホームさん、気づきの瞑想を指導してくださったスカトー寺のプラユキ僧侶、この方たちのおかげでなんとかここまで来ることができました。

本当にありがとうございました!

最後に、高齢にも関わらず、タイに住む僕の代わりに郵送や振り込みなどの手続きをすべてやってくれた両親へ。

いつも何も言わず僕の人生を見守り応援してくれてありがとうございます。

そういえば、23歳の時に大学院を身勝手に退学したときも、僕の自由にさせてくれましたね。

あれから26年、本当にいろんな道を通ってきましたが、ようやく大学院を修了することができましたよ。。

これからもまだまだお元気でいてください

 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
                                                                                                           押して押して~
タイ・ブログランキング
                                                                                                                                          バンコクランキング






berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月31日

縁は空を超えて 完結編

みなさんおはようございます。

いよいよあさっては、高野山大学にて修士論文口述試問の日。

というわけで、今夜の深夜便で日本へ帰ります。

修士論文のタイトルは、

「仏教瞑想による気づきの開発とその現代的意義」


この論文を書いている時間は、「幸せに生きるとは一体何なのか?」「幸せに死ぬことはできるのか?」といった子供のころからの疑問に向き合った時間でもありました。

そして指導教官井上先生のアドバイスをもらいながら、幸せというものを僕なりにこう仮定しました。

「その時その時に心をとどめて徳性にかなった行動をとることで心が安定し、世間の浮き沈みに触れても心が動揺せず安らかでいられること」 

今ここに気づいてなすべきことをする。簡単なようで難しいことですよね。過去に対する後悔や将来への不安といったものに知らない間に心がおおわれることも多いでしょう。

我々の心は思考と感情の波に揺れる小舟のようなものですからねー。

でも難しいけど、何度も何度も失敗を繰り返しながらでも、練習していけばいいんですよね。

そして、その練習には「気づきの瞑想」が役に立つというのが、この論文の主旨なんです。

気づきをだんだんと確立させていくことができれば、心もだんだんと安定し、青空の下の凪いだ海を颯爽と航海する豪華客船になるかもれません。

そのぐらいに心を鍛えることができれば、病気や死を受け入れて、幸せな最期を迎えることができるのではないでしょうか。

この論文を通じてお会いすることができた、タイのカンポン氏の姿がまさにそのことを証明してくださったような気がします。

指導教官の井上ウィマラ先生、カンポンさん、スカトー寺のプラユキ師、そしてカンポンさんの著書を訳された、ライトハウスの浦崎さんとそのご家族、この論文を書くことによって出会えた方々に心より感謝しています。

井上先生が高野山から空を超えて紡いでくださった縁により、人生にとって本当に大切なことを学ぶことができたと感じています。

そして最後に、大学との各種連絡などの煩雑な作業を、高齢にもかかわらず、日本で僕の代わりに行ってくれた、両親に改めて感謝の意を表します。

では いってまいります!!

今回もお読みいただきありがとうございました。

なお、日本にいる間は更新がストップすると思います。

またこちらに戻ってきてから、お送りしますね
                          押して押して~



 

 




berialshunnya at 16:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2017年01月29日

縁は空を超えてpart10

今朝の記事の続きです。

2016年3月に高野山大学での研究発表も終え、修士論文は最終章にさしかかりました。

最終章のタイトルは「現代にいかされるべき気づきの瞑想」。

そして、僕はこの章でぜひカンポンさんのことについて書いてみたいと思っていました。

気づきの瞑想法により、事故による全身麻痺という絶望の淵から復活するだけでなく、安寧の境地まで得られたカンポンさん。

是非お会いして、少しでも言葉を交わしてみたいという僕の願いを、浦崎さんがかなえてくださいました。

その1か月後にお亡くなりになったことを思うと、僕がお会いできたその時期にはカンポンさんのお体は厳しい状態にあったと思われます。 


しかし、僕に向けたくれたお顔はとてもそのような状態にある方とは思えない、すがすがしいものでした。これは、カンポンさんに会った多くの方が、驚きとともに口にする共通の感想だったようです。

僕がバンコクの学校で教師をしているとお聞きになったカンポンさんは、別れ際に「先生としての仕事に幸せを感じていますか」とお聞きになりました。

気づきの瞑想に出会い、今ここに気づくこと、そしてわいてくる思考にはまらず、それに気づいて手放す練習をするうちに、僕の教師としての生活もそれまでとは違うものになってきていました。

そして、カンポンさんのその質問に「はい、幸せです」と答えることができたのでした。

カンポンさんとお会いできたのはこの一度だけで、この会話がカンポンさんとの最後の会話になってしまいましたが、カンポンさんからいただいた教えは、これからも僕の人生を照らす灯りとなっていくでしょう。

カンポンさん、本当にありがとうございました。。

なお、カンポンさんについての詳しいお話は、こちらのライトハウスHPでお読みいただけます。

今回もお読みいただきありがとうございました。
                            押して押して~
タイ・ブログランキング



berialshunnya at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

縁は空を超えてpart9

高野山大学院での修士論文作成で出会ったタイの「気づきの瞑想」  

指導教官の井上ウィマラ先生に紡いでいただいたタイへの逆輸入ともいえる空を超えた縁  

今朝は昨日に引き続きの第9回目。 

スカトー寺での瞑想体験を経て、修士論文のテーマにたどりついたのが、大学院入学からちょうど1年。

1年目に必須科目の単位などはほぼとりおえていたので、2年目は修士論文作成がメインとなります。

井上先生にアドバイスをうけながら、少しづつ書きすすめていきました。

そして大学院在籍2年目の10月に再びスクーリングを受けに高野山大学へ。 

僕の受ける科目が、ちょうど井上先生のスクーリングが終わる日にはじまる科目だったので、教室の外ででまちしていました。

教室の中から聞こえるあの歌声(これについては過去記事参照)

今年の井上先生の講義もクライマックスだなあと教室で待つこと数分。

ギターを持って出てこられや井上先生。

しかし、なにやらお急ぎの様子で、ご挨拶もそこそこにという感じで行ってしまわれると思ったその瞬間、

くるっと踵をかえされ、

井上先生:「そういえば、ウラサキマサヨさんにはもう会った?」 

私:「(ウラサキさん?誰?誰?。。)いいえ。。まだですが。。」

井上先生:「会うといいインスピレーションもらえると思うよ。じゃあ。」

一瞬何が何だか分からないまま、ただウラサキさんという方が、僕の修士論文にとってのキーパーソンであることだけは、ズシッっと心に響いてきました。

早速、ネットで検索。

浦崎雅代さん。。

あ、カンポンさんの著書「気づきの瞑想で得た苦しまない生き方」の訳をされた方だ。。

それはぜひともお会いしたい!でも井上先生に直接紹介していただいたわけでもないし、大丈夫かな?とダメもとで浦崎さんのTwitterに直接ご連絡させていただきました。

ほどなく浦崎さんから、ぜひぜひとの快い返答が。

その頃ちょうど浦崎さんも教鞭をとられていたマヒドン大学を退職され、家族でカオヤイに移住されたばかりだったと記憶しています。

そして、2015年11月の週末、いよいよ浦崎さんへ会いにAとカオヤイへ出発。

余談ですが、実は道中で追突事故を起こし、立往生する中、バンコクからAのお姉さんが助けに来てくれたおかげで、ようやくお会いできたんです。。

そんな事があったので、浦崎さんとの最初の出会いは多分一生忘れられないメモリー

そんなこんなでようやくお会いできた、浦崎さんとその旦那さんのホームさん、そしてまだまだ小さかった3G君と自己紹介をかねて食事をさせていただきました。

浦崎さんも旦那さんも笑顔の素敵な気さくな方。お二人で大学を退職してカオヤイに移住を決めた経緯や、ホームさんが長らく僧侶として生活されていた話など、いろんな話を聞かせてくださいました。

食事の後、ライトハウスに案内してもらいました。ライトハウスはカオヤイの山々を見渡せる大自然の中に、オーナーのエーさんという女性がつくられた、瞑想場。

広大な敷地内にはお寺もあり、また簡素ながら清潔な宿泊用の小屋も用意されていて、滞在しながら瞑想修行も可能です。


また、自然の中でリラックスする目的で滞在することもできます。空気もおいしくて、風も心地よく、夜には満天の星空を満喫できますよー。 

現在ライトハウスのHPを作成中とお聞きしていたのですが、ちょうどこの記事をおろすタイミングでできあがったみたいです!なんともグッドタイミング

浦崎さんの思いがつまったHP、是非こちらよりごらんください。ライトハウスHP 

そして、このブログの過去記事死は人生の最終科目で紹介したカンポンさんのメッセージ。HPの中のカンポンさん記念館情報のところで、なんと僕の翻訳を使ってくださってます。。

感激 

さて、2015年11月、最初にライトハウスを訪れた日は残念ながらカンポンさんは、不在でしたが、浦崎さんとそのご家族とお会いできたご縁を胸にライトハウスを後にしたのでした。

続きは午後便にてお送りいたします! 

今回もお読みいただきありがとうございました。                 押して押して~
タイ・ブログランキング




 


berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)