バンコク

2021年11月26日

ネックはお金

みなさんおはようございます。

中高生へのワクチン接種も進み、通学開始の話も聞かれるようになりましたが、

当校では、早くても12月末からということになりそうです。

それには理由があり、

なんでも、未解決の大きな問題があるというのです。

それが1週間に1度のコロナ検査。

その検査に必要なATK検査キットは、

国や県が無償で提供してくれるものかと思いきや、

どうも各自の学校が負担しなければならないらしいのです。

以前にも書いたと思いますが、

ここタイでは、公立学校間でも経済格差が顕著で、

ほとんどの教室にエアコンが設置されている学校もあれば、

ほとんどの教室が灼熱地獄という所もあるわけです。

もちろんうちの学校は後者。

ただでさえ、コロナ禍で授業料の滞納も増える中

生徒の家も学校も火の車。
FullSizeRender

というわけで、週に1度、検査ができる予算の見通しがまだたっていないため、

開校が先送りになっているというのですな。

インター校や私立が開校できている理由に、潤沢な資金も関係しているとは

思いもよりませんでした。

そういえば先日、せっせと家の食堂の皿洗いを手伝っている様子を

インスタライブにあげている男子生徒がいましたが、

その一方、皿を一枚洗っただけで、親から褒められるような、

金持ちの子息もいるんだろうな、と遠い目になってしまいました。

ま、お金と幸せは必ずしも比例するものでもないですしね。

将来、うちの学校の生徒たちが、

お金持ちのご子息よりも幸せを感じているってこともあるはず。

経済格差ほど幸福格差はないんじゃないかな、

と、先生は信じておりますぞよ。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!
こちらのボタンもポチッとよろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

instagram→https://www.instagram.com/shunnyaberial/
twitter→http://twitter.com/berialshunnya
facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)

2021年11月15日

2021年度2学期開始

みなさま、お久しぶりです。

すっかり放置していたこのブログですが、

決してやめたわけではございません。

というわけで、またボチボチ更新していきますので、

改めてよろしくお願いいたします。

11月1日より、オンラインで始まった2学期も

すでに2週間が経過致しました。

明日は生徒たちへの2回目のワクチン(ファイザー)接種ということで、

ゆっくりながらも、開校への準備が進んでいるかと思いきや、

タイ人先生たちの見立ては、まだまだじゃない?とのこと。

生徒たちの登校が始まっても、週ごとに学年ごとの分散登校になるらしいし、

2月中旬には2学期の授業も終わってしまうことを考えると、

担当している各クラスの生徒に会える日は、10日もないってわけですよ。

中3、高1とは1回も顔を合わせてないし、高3はこのまま卒業。

本当、すごいことになったものです。

一生で一回しかない、高校時代をステイホームで過ごした彼らが

将来どのような大人に育つのか、

さほど影響がないのか、多大なる影響があるのかわかりません。

ですが、コロナで散々楽しみを奪われた彼らに、

「コロナ世代は勉強してきてないからな」


と冷たい言葉を投げかけるのだけは、やめてあげてほしいな、と

FullSizeRender
今からいらぬ心配をしている私なのであります。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!
こちらのボタンもポチッとよろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

instagram→https://www.instagram.com/shunnyaberial/
twitter→http://twitter.com/berialshunnya
facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)

2021年09月20日

1学期終了

みなさんおはようございます。

結局、最初から最後までオンラインだった1学期。

欠席ばかりだった生徒とも、そのお母さんとラインでやりとりして

とりあえず、期末テストだけは受けてもらうことができました。

というわけで、中学3年生 88人 高校1−3年生 116人

計204人の成績を全てまとめおわり、

コロナが吹き荒れた2021年第1学期の、私の仕事は全て完了。

IMG_1591

2学期が始まる、10月最終週までは、

教師モードはブレーカーごとオフにさせていただきます。

さて、その2学期なのですが、このままオンライン授業を続けると、

タイの子供の学力や社会適応力に支障をきたしてしまうのでは、

という有識者の見解もあるようで・・


結局、子供たちにワクチン接種を進めることで、開校にこぎつけようという

流れに今のところなっているようです。

うちの生徒も、保護者が同意すれば、

10/4からファイザーワクチンが受けられるとのこと。

2回目の接種からしばらく経って抗体が獲得される頃に開校となると、

早くて11月中旬ごろでしょうか。

で、肝心の教師陣なのですが、5−6月に2回打ったシノバックワクチンの効果も

3ヶ月を経過して、ほとんどなくなっているのでは、と疑わしいところ。

まだ、3回目のブースター接種の知らせは来ていないのですが

なぜか「ファイザーではない」ということは決まっているようです(笑)。

おそらく、来月の半ばごろには、またみんなで大型バスに揺られ、

遠足気分で打ちに行くことになるのではないでしょうか。

ワクチンの種類やタイミングなどは、まだまだ正解が見えない問題だけに、

いろいろ考えずに、いつも通り流れに身をまかせたいと思います。

ウィズコロナでタイの学校がどのように変わっていくのか、

興味深いところであります。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!
こちらのボタンもポチッとよろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

instagram→https://www.instagram.com/shunnyaberial/
twitter→http://twitter.com/berialshunnya
facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)

2021年08月30日

HIKIKOMORI

みなさんおはようございます。

その昔、タイのテレビで日本の「引きこもり」が特集されていました。

「引きこもり」を表すタイ語がないので、日本語のまま「HIKIKOMORI」

と、まるで「SUSHI」「TSUNAMI」のような扱いに、苦笑したものであります。

当時、タイには、そのような社会問題はなかったのでありますが、

現在は、そこまでいかずとも、「HIKIKOMORI」予備軍のような子供たちは

確実に育ってきているように感じられます。

現在教えている中3のクラスの中に、2ヶ月前ぐらいから、

全く授業に出てこなくなった男の子がいました。

他のクラスメイトに聞いても、「知らない」とのこと。

コロナにでもなっているのかと思っていた矢先、

担任の先生から、そのクラスを教えている教師全員に、

こんなラインが回ってきました。

「◯番の生徒の家庭訪問に行きました。お母さんと話しましたが、

   お母さんの言うことにも耳をかたむけず、一日中ゲームをしているそうです。

 各科目担当教師の皆さん、どうか◯◯君を見捨てずに、助けてあげてください。」

という文面とともに、生徒の電話番号とお母さんのラインが添えられていました。

そこまで言われてしまうと、何もしないわけにもいかないので、

とりあえずダメ元で、生徒に電話をかけるも、

もちろんダメ(笑)。

そりゃあ、知らない番号なんて、どうせ先生だろうしと思って、

とらないですよね。

で、仕方なく、お母さんにライン。

タイ語間違ってたらすみません、と断りを入れつつ、

「こちらは手助けするつもりでいますので、息子さんにそう伝えてもらえますでしょうか」

的な内容を送ると、早速お母さんからこういう返信がありました。

「ありがとうございます。機会をみて話してみます。もう少しお時間をください」

というのが、2週間前の出来事。

この生徒は極端な例ですが、

この数年、授業中もずっとスマホゲームをやり続け、

周りが全く見えていない男子生徒が散見されるようになりました。

勉強の時間だよ、と言ってもスマホから目を離さず、「はいはい」と言うのみ。

そんな彼らにはタイ人先生たちも、相当困っているようです。

コロナ禍におけるオンライン授業により、

彼らのゲーム依存にも拍車がかかっていると思われる今日この頃。

IMG_1403


ステイホームからの「HIKIKOMORI」誕生という流れは、

止められないのかもしれません。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!
こちらのボタンもポチッとよろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

instagram→https://www.instagram.com/shunnyaberial/
twitter→http://twitter.com/berialshunnya
facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)

2021年08月23日

短すぎる後半戦

みなさまおはようございます。

週に一回のこのブログ更新を怠ると

自分が高校教師だということを忘れそうなので、

今週も書くことにいたします。

オンライン授業という形で1学期が始まってすでに3ヶ月。

コロナ前は、ワイクルー、七夕、カオパンサーの連休、中間テスト、母の日

行事ごとで時間の流れが感じられていましたが

これだけずーっと家にいると、時間感覚が狂ってくるのは

仕方のないことかもしれません。

この3ヶ月が早く感じられたのか、遅く感じられたのか、

それすらわからなくなってきています。

でも、もう8月も1週間しかないという表現を使いたくなるということは、

やはり「あっという間」だったということなのかもしれません。

IMG_1279

実は、1学期の前半の成績を提出したのが、8月13日だったんですね。

100点中の40点分をまとめて提出したのですが、

その直後に知らされたのが、1学期の授業が、9月10日までだという事実。

5月24日から8月13日(授業数51日)・・40点

8月15日から9月10日(授業数20日)・・60点

点数を日割で計算することに意味がないことは承知で計算すると、

前半 0.78点/日  後半 3点/日

と、とっちらかったことになっていますが、

そう言われても、

「了解でーす」と受け入れてしまう自分が一番怖かったりします。

今日からの3週間で、辻褄を合わせて60点分を確保する、

そんな無理ゲーでも、なんとか成し遂げられることは、

長い経験上わかっておるんですわ。

文句を言うどころか、「相変わらず無茶言うよなー」って、

どっか楽しんでいるところもあったり・・

まあ、そんな境地になってしまうことは、

若い人たちにはオススメしませんけどね。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!
こちらのボタンもポチッとよろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

instagram→https://www.instagram.com/shunnyaberial/
twitter→http://twitter.com/berialshunnya
facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)