2022年02月28日

面倒くさい病

みなさんお久しぶりです。

実は1月2月と、学校で何もなかったわけではなく、

書こうと思えばいくらでもネタはあったわけですが、

記事を更新しなかった理由はただ一つ。

面倒くさかったからなのです(笑)。

実はコロナより厄介かもしれない、この面倒くさい病、

私だけでなく、子供達にも蔓延しているようで心配です。

去年の年末から、学年ごとの週替わり通学が始まっていたのですが、

蓋を開けてみれば、通学を選択した学生の方が少数でした。

最初は、保護者の方達が安全策をとって、まだ通わせたくないのかな、

と思っていたのですが、それだけではなかったようです。

どうも、オンライン授業で家にいることが当たり前になり、

わざわざ早起きして、制服に着替え、朝礼に出る生活に戻るのが

想像しただけで面倒になってしまったというのが、本音みたいです。

ましてや、通学のためには、鼻の奥まで綿棒を突っ込まれる、

あの忌まわしきコロナ検査もしなきゃならないわけですから、

オンライン授業を選んでもいいとなったら、そりゃそっちを選ぶのもわかりますよね。

大多数の生徒が、オンライン授業といっても、

スマホでチェックインだけして、あとは鼻でもほじって

日々をやり過ごしていたのでしょうから、もう立ち上がる気力もないわけです。

IMG_4048


さて今回のことで、改めて感じたのが、学校という場所の大切さです。

たとえ、真面目に勉強をしてなかったにしても、

毎朝起きて、登校し、友達や先生と顔を合わせ、

授業時間は嫌でも自分の机に座っている、

そのルーティーンをこなすことが、

子供達の生きるエネルギーとなっていたのではないでしょうか。

そして、それは教師にとっても同じこと。

大勢の子供達と毎日顔を突き合わせ、

褒めたり、なだめたり、怒ったり、諭したりと、

疲れることも多いですが、それ以上に子供達から

パワーをもらっていたのかもしれません。

オンライン授業は教師にとって楽な面もありますが、

その楽を享受しているうちに、僕の教師としてのエネルギーも

徐々に枯渇していってたのだと思います。

5月から始まる来年度がどのようにスタートするのかは、

まだ決まっていないようですが、

面倒くさい病のこれ以上の蔓延を防ぐためにも、


そろそろ以前は当たり前だった「学校」のスタイルに戻さないと、

いけないんじゃないかと思っている今日このごろです。


追記・・

今学期の成績もつけ終わり、再来週、2年以上ぶりに

一時帰国する予定となっております。

このブログの更新がまたいつになるかは、

全くもって私の気分次第ですが、

それまでみなさまどうかお元気でお過ごしくださいませ。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!
こちらのボタンもポチッとよろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

instagram→https://www.instagram.com/shunnyaberial/
twitter→http://twitter.com/berialshunnya
facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00│Comments(0)バンコク | バンコク高校教師

コメントする

名前
 
  絵文字