2021年07月12日

今年も恒例のアレをやりました

みなさんおはようございます。

このブログ、週1回ぐらいは記事を更新し、

バンコクの高校の現況をお伝えしようとは思っているのですが、

ただ粛々とオンライン授業を行っている現在、

何も書くことが思い浮かばないというのが正直なところであります。

そんな中、すでに絞った雑巾に思いっきり力を込め、

最後の一滴を絞り出すようにして、思いついたのが今日のお話であります・・

さて、このブログを始めた当初に書いたこの記事の通り
私は、毎年新入生に対して、日本の名前をつけるようにしています。

いつも、新学期が始まって1ヶ月後ぐらい、

緊張もほどけ、生徒同士の距離、また、僕と生徒との距離が少し縮まったかな

と思えた頃に、僕もなんとなく生徒たちの顔を思い浮かべながら、

名前を考えたりしていたんですね。

ところが今年は、オンライン授業で1学期がスタートしたため、

どうしようかなと思っていたわけです。

日替わりでもいいから、生徒の登校が始まるのを待ったほうがいいかな、

とも考えたのですが、

今のバンコクのコロナの状況を考えるとね。。

というわけで、「今でしょ」とばかりに、

先週の金曜日に急遽、全員に日本名を授けることにいたしました。

生徒に番号を選ばせて、その番号の名前がその生徒の名前になるという、

「くじ引き」システムを導入。

しかし、男子16人、女子24人の名前を、

高2、高3の生徒とかぶらないように考えるのは、

毎年感じるけど、意外と重労働。

それでも、普段は呼びかけても、あまり答えてくれない男子生徒が、

その日ばかりは、即座に反応してくれたことを見ると、

やはり、みんな自分の新しい名前を楽しみにしてくれていたようで、

やはりやってみて正解でした。
IMG_0644
にしても、まだ顔も見たことのない、

たつやくんやすずかちゃんと会える日はいつになるのでしょうか。

名付け親としては、彼らが高1の間に初対面を果たしたいものなのですが・・


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!
こちらのボタンもポチッとよろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

instagram→https://www.instagram.com/shunnyaberial/
twitter→http://twitter.com/berialshunnya
facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00│Comments(0)バンコク | バンコク高校教師

コメントする

名前
 
  絵文字