2020年10月16日

暑くて不衛生な場所

みなさんおはようございます。

最初に申し上げますが、今日の記事は短めに終わらせますね。

というのも、実は現在、ちょこっと体調を崩していて、

元気度がいつもの70パーセントぐらいなのですわ。


僕は体調を崩しても、熱が出たり、食欲がなくなったりすることはないので、

病気というほどではなく、デトックス週間なのだろうと、勝手に理解しています。

image


実は、うちの学校というのは、バンコクのラチャダー通りという

繁華街の中に位置する学校で、その場所柄もあって、敷地面積は狭いのですが、

生徒数は中高で2500人、職員数は100人と、「密」を形成しやすい環境。

また、蒸し風呂のような教室とクーラーで極寒の職員室という、

1日に何度も経験する温度差も、体にいいわけはありません。

また、断水になることもしばしばあり、

まず水の流れを確かめてからでないと、恐ろしくて用が足せなかったりと、

衛生面にも少々不安があるのも確か。

5年ほど前に、デング熱が流行した時、

汚水溜まりから蚊が大量発生したのか、バンコクの公立学校で、

罹患した生徒数が第3位とかいう不名誉な事態も発生し、

不幸にも中学生の生徒が一人亡くなるということもありました。


バンコクでお仕事をされている日本人の方のほとんどが、

適度な空調が保たれ、断水や停電の心配もない近代的なオフィスビルで

働いていらっしゃるであろうことを考えると、

薄給でこのような環境に身を置いている50代のおっさんってどないやねん

と思うこともあるのですが、

なんやかんや言って、そんな環境を楽しんでいる自分もいたり。。

昔からわかってたことですが、かなりのM気質なんだと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00│Comments(0)バンコク高校教師 | バンコク

コメントする

名前
 
  絵文字