2020年10月12日

皆勤賞なんていらない

みなさんおはようございます。

明日10月13日は前国王のラーマ9世が崩御された日にあたり、

タイの学校は休みとなるのですが、

これがまた火曜日ということもあり、今日月曜を自主的に休みにすれば4連休。

先生たちの中にも、休みをとって実家に帰られる方などもいます。

そして、生徒たちの中にも1日だけ来るのも面倒くさいし、

勝手に連休を決めこんでしまう子も多く、

中には申しあわせて、行かないよ〜、なんてクラスもあったり。

特に高校3年ぐらいになると、担任の先生も報告さえ受けていれば、

それに対して、やいのやいの言うこともなく、

びっくりするほどあっさりと、休みが許されてしまうのは、

タイだからなのか、それともうちの学校だからなのか。。

image

実を言いますと、この僕は、中学高校6年間、欠席なしの皆勤賞。

遅刻も確か、定期券を忘れてしまい家に取りに帰った1日だけだったと

記憶しております。

受験が近づき、自主的に学校を休む級友が増えても、

皆勤賞という「融通がきかない人間」のレッテルのような賞にこだわり続けて、

寒い中、学校に通い続けた1986年の1−2月。

同じく皆勤賞にこだわっている数名と共に、

ガランとした教室で時間を持て余したあの風景をいまだに覚えています。

もちろんその皆勤賞なんてものが、それからの人生の役に立ったこともなく、

自分にとって誇りになっているかというと、もっとそんなことはなく、

ただただ、なんて無駄なことをしていたのだろうと思うことしきり。

そしてネット検索でわかったのですが、

やはり日本でも皆勤賞は廃止になる動きのようで、

そりゃそうだろう、なんて納得しているのであります。


さて、話は戻りますが。。

タイの人は時間にルーズという印象を持たれている方も多いとは思いますが、

彼らも、ここ一番外してはならないというポイントはわきまえていて、

いつでもどこでもルーズというわけではないんですよね。

ある意味、カレンダーや時間に完全に支配されることなく、

そういった人間が作った概念に、状況次第で柔軟に対応しているようにも見えるのです。

「守るべき」時と「別にそうでもない」時をうまく使い分けること、

タイ人の生き方が時に軽やかに見えるのは、

そんなフレキシブルな時間の扱い方も一つの理由であるような気もするのです。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00│Comments(0)バンコク高校教師 | バンコク

コメントする

名前
 
  絵文字