2020年09月21日

すっきりしました

みなさまおはようございます。


以前この記事でお伝えしたように、

先日土曜日に、タイ国日本語教育研究会において、

高校教育についての発表をさせていただきました。

発表と言いましても、僕が今の学校で経験してきたことを、

写真などと一緒に紹介させていただき、

その経験からくる高校教師としての思いを述べさせてもらっただけ。

ですので、普段行われているだろう「研究発表」などとは全く趣が異なり、

参加された方の中には肩透かしを食らわされた方も多いのではないかと思います。

一方、ありがたいことに、ツイッターのコメント等では

まだお会いしたことのない方々からも、

お褒めのコメントをいただいたりもしましたので

それなりに役割を果たせたのかもしれないなと、ホッとしている部分もあります。


さて、普段からブログを書いていてよく思うことがあるのですが、

頭の中でなんとなく考えていることを、いざ文章にしようとすると、

ハタと立ち止まることが多いんですよ。

2−3行書いてから、「なんかスッキリしないな」と削除してしまうこともしばしば。

そうやって、何回か書き直しているうちに、

「あ、結局言いたいことはこれだったのか」と、

自分の文章から逆に納得させられることもあるんですね。

で、腑に落ちる文章が出来上がった時には、

頭の中でこんがらがっていた詰まりが、パイプマンを使用した後の

排水管のようにすっきりするように感じられるのです。


そして、今回の発表はまさにそれの大掃除バージョンでありました。

いつもいつも高校の日本語教育について、

真剣に悩んだり考えたりしているわけでもないのですが、

そこはやはりそれなりに、思うことや人に伝えたいことなどは

溜まってくるわけです。

その13年間溜まったものを、凝縮して15分のお話として、

どれだけ伝えきることができるかが、僕の今回のチャレンジだったわけです。

そして、そのチャレンジも無事終わったことで、

今日からは、また新鮮な気持ちで高校教師生活を送っていける、

そんな清々しい気持ちを抱いているのでございます。

スクリーンショット 2020-09-19 17.58.54


最後に、このような貴重な機会を作っていただいた、

タイ日本語教育研究会の運営委員の皆様、

この度は、本当にありがとうございました。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00│Comments(1)バンコク | 高校教師

この記事へのコメント

1. Posted by 姐さん   2020年09月21日 13:31
5 人格形成期に兄さんに出会うことは、ことばを学ぶことだけでなく、人間として成長するきっかけになってると思う。いい発表でした。じーんとしましたわん。

コメントする

名前
 
  絵文字