2020年09月09日

選択肢が少ないって楽ですよね

みなさんおはようございます。

すでにお伝えしたとおり、連休中にバンコクから南部のカオラックまで

片道800kmの道のりを車で往復したわけですが、

もし、日本国内を800km移動したとすると、

その間にはいくつもの街なみ、連なる山々、海や湖や川など、

目まぐるしく変わる景色を楽しみながら、

各地方ごとに特色を打ち出すパーキングエリアに立ち寄ったりと、

移動そのものをアクティビティにすることが可能ですよね。

しかし、ここタイでは、南部に行こうが北部、東北部に行こうが、

車窓の風景はさほど変化がありません。

ガソリンスタンド兼パーキングエリアにある店は、

どの地方でも同じようなコンビニやコーヒーショップで変わりばえはなし。

ひたすら続く同じ風景に、時間感覚が麻痺してくるのが、この国のドライブ事情。

image

必然的に早く目的地に着くことだけが目的となるので、

高速道路でもない一般国道を、140-150kmで走り抜けていく車も少なくありません。

さて、今回この「変わりばえのしない」景色を眺めながら感じたのは

この国で「変わりばえがしない」のは、何も景色だけではないということ。

一応、雨季、乾季、暑季という季節があるものの、

基本年中暑いという、変わりばえのしない気候。

その気候もあって、年中変わりばえのしない服装。

スーパーに並ぶ食材も基本的に1年中、変わりばえがしません。

しかし、グルメでもなく、おしゃれでもない私にとっては、

これって実は、余計なことを考えなくていい、最高の環境なわけです。

そして、今日ももう何年も買い足していない、仕事用のシャツから適当に1枚選び、

学校の近くの屋台でいつものムーピンを買って、

変わりばえのない1日をスタートさせる幸せを味わっているのでした。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字