2020年08月05日

女子には頭があがりません

みなさんおはようございます。

先週末のことですが、朝食としてよく食すホットサンドイッチを

セブンイレブンで購入し、お店の機械で温めてもらっていると、

こんな出来事が。。


「生焼けやないの!もっとしっかり焼かないと!」って、

ホットサンドの機械を音を立てて、バン!って閉めるお姉さん。

それに対して、「だってさっきこんな風になったからって」

半ニヤケで丸焦げのブツを見せる彼。

そんないらんことするもんだから

「それはあんたがちゃんと見てないからでしょ!」

ってまた怒られて。。

というやりとりを、それこそ半ニヤケで見ているわたし。。


ツイートでも書きましたが、これに似たようなやりとりって、

実は、学校でもしょっちゅうみるわけなんですよ。

借りていた女子のノートを返すのを忘れては叱られ、

さらにそのノートにおかしのシミをつけてしまっていて、もっと怒られ、

よせばいいのに、件の店員のような半ニヤケ顔で機嫌を取ろうとして

最終的にはキレられるという、こんなパターンを何度目撃したことか。。

日本の学園ドラマで昔よく聞いた

「女子は黙ってろ」とか「うるせーブス」なんてセリフ、

うちの男子生徒は、死んでも言えないと思いますよ、ホント。。

同級生だというのに、男子と女子の関係は、まるでお母さんとダメ息子。

FullSizeRender


そしてタイでは男性と女性のその関係は、大人になっても続いていくようなのです。

女性に文句を言われながらも、半ニヤケで、最終的にはなんとか助けてもらう。。

この母性本能をうまくくすぐるスキルというのは、

もしかすると、タイ人男性として必須の社会的スキルなのかもしれませんな。。



今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00│Comments(0)バンコク | 日本語教師

コメントする

名前
 
  絵文字