2020年08月03日

コンビニスイーツ

みなさんおはようございます。

最近、在タイ日本人の間で、あるコンビニスイーツが話題になっています。

それがこちらの、チーズケーキ。

FullSizeRender

お値段39バーツと手頃で、その割に味が本格的ということもあり、

入荷と同時に売れてしまうのか、

僕もなかなか手に入れることができませんでした。
さて、さほどスイーツ好きというわけではない僕が、

なぜこの商品獲得に執念を燃やしたかというと、

それは、「コンビニスイーツ」という響きに「日本らしさ」を感じたからなのかもしれません。

値段もお手軽で、味も一般庶民の舌にちょうど合うわかりやすさに作ってある、

という「庶民の味方」的なスイーツなのに、

その商品が出来上がるまでには、妥協を許さない研究過程があったのだろう、

ということが想像され、それがなんかとっても「日本」らしく感じられるわけなんです。

で、なんとなくこれは自力だけでは手に入らないな、と感じ、

タイ人数名に、「見つけたら買ってきて」と頼んでおいたら、

欲がない人の方が手に入りやすいのか、次の日に、3つもゲットしてきてくれてました。
IMG_4138

そして、朝食後に早速ありがたくいただき、噂通りのそのおいしさに舌鼓。。
FullSizeRender

このチーズケーキの味、まさに日本の「コンビニスイーツ」の味ですやん!


ただ。。

本来「コンビニスイーツ」というのは、

缶コーヒーなんかと一緒にありがたがらずに気軽に食べるもの。

タイ料理がタイで食べるのが一番美味しく感じるのと同じで、

「コンビニスイーツ」も日本でテレビでも見ながら

適当に食べるのが一番なのかもしれません。


そんな風に「コンビニスイーツ」を日本で味わえる日が来るのはいつなんだろうかと、

ねっとりしたチーズケーキの感触を味わいながら、

ちょっと遠い目になった朝だったのでした。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00│Comments(0)バンコク | 日本語教師

コメントする

名前
 
  絵文字