2020年07月31日

1ヶ月たちました

みなさんおはようございます。

新学期が始まって今日でちょうど1ヶ月。

学番の奇数、偶数による日替わり登校により、

1クラスに20人しかいない、という状況にも随分慣れてまいりました。

早く、一斉登校できるようになればいいね、なんて一応は言うものの、

内心、「20人クラスってめっちゃ教えやすいやん」と感じています。

やはり、人数が半分になると、一人一人に目が行き届きますし、

13年目にして初めて、「ちゃんと日本語を教えている」

そんな感覚に酔いしれております(笑)。


でもやっぱり、子供たちからすれば、

仲のいい友達と会えないのは寂しいでしょうし、

高3の生徒たちがこのような状況のまま卒業というのは、

やはりちょっと切ないわけです。

高1の生徒にしても、同じクラスなのに、

まだ顔も名前も知らない学友が20人もいるわけですからね。


タイではコロナの第一波は収束したと言われ、

国内感染者も2ヶ月でていない状態なのですが、

一斉登校にゴーサインを出す予定はまだないのでしょうか。。
FullSizeRender

まあ、元に戻ったら戻ったで、僕の授業も、

カオスな状況になるのは目に見えているのですが、

やはり、タイの公立高校というのは、それぐらいで、ちょうどいいのかなぁなんて、

ガランとした教室を目にして思う今日この頃なのであります。。。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00│Comments(0)バンコク | 日本語教師

コメントする

名前
 
  絵文字