2020年07月01日

タイ移住記念日

みなさんおはようございます。

いよいよ今日7月1日からタイの公立学校の新学期がスタート。

新生活様式にのっとり、教育スタイルも変化が迫られ、

密を避けるために、生徒は半数ずつ日替わりで登校。

そのため、教師陣は教室での授業とオンラインの同時進行という、

初めてのやり方に挑むことになります。

「私、失敗しないので」とドクターXばりに言い放ちたいのは山々ですが、

現実は非常に厳しく、ネット環境も前時代的なこの学校で、

どのようにクラスマネージメントをすれば、

生徒たちがボロボロにならずにすむかを、

失敗しながら日々模索していくことになるでしょう。

と、新生活様式への対応を迫られている今年ですが、

思い返せば、16年前の今日2004年7月1日も、

私が新しい生活をバンコクでスタートさせた日でした。

FullSizeRender

その時は、3ヶ月か長くても1年ぐらいの軽い気持ちで来たのですが、

まさか16年後にまだバンコクにいて、

当時は絶対になりたいなんて思っていなかった高校教師として、

こんなブログを書いているなんてね。。

高校教師歴も今年で13年目なんて、いやあ本当驚きですよ。

今では日本で暮らしていた頃の旧生活様式は記憶の彼方。。
FullSizeRender

それでも、親が大病でもすれば、それをきっかけに帰国するかな、

と頭の隅では思っていたのですが、今回その機会が訪れたにもかかわらず、

コロナという壁でその道もとざされてしまいました。

今、日本で大変な時を過ごしている両親のことを心配しながら、

新スタイルの授業をこなしていくのは、正直なかなかハードではありますが、

まさにそれが僕にとっての新生活様式なのかもしれません。

とにかく、日々できることを「心を今ここにとどめながら」やっていこうと、

タイ移住記念日の今日、もう一度心に誓ったのでした。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00│Comments(1)バンコク | 日本語教師

この記事へのコメント

1. Posted by ブライアン   2020年07月01日 18:12
あらま
2004から来てたのね。
人生の御先輩だわ。

コメントする

名前
 
  絵文字