2020年06月29日

ネオンの消えたパタヤ

みなさんおはようございます。

先週末うちのA君の誕生日祝いもかね、

コロナ自粛以降初めての県またぎトリップで

パタヤに行ってまいりました。

パタヤといえばご存知のかたも多いと思いますが

ベトナム戦争時に米軍の保養地として栄えた流れから、

ネオンギラギラのそれ系のお店が多く、

ネオンに負けじとギラギラした人間の欲望が渦巻く

タイの中でも相当特殊な場所なのであります。

FullSizeRender

バンコクから気軽に行ける海というと、パタヤかホアヒンが有名ですが、

ホアヒンはパタヤとは全く違い、静かな時の流れに身を委ねるリゾート地。

なので、パタヤ派かホアヒン派かは、結構真っ二つに分かれるのですが、

うちのA君は生まれがど田舎というだけあって、

静かな時の流れはもう飽き飽きというパタヤ派。

だからといって、夜に飲み歩くわけではないのですが、

どうも、華やいだ街の雰囲気ってのがお気に入りみたいなのです。

さて、コロナによる規制でパタヤの顔ともいうべき、バーが閉店の憂き目にあって、3ヶ月。

その規制もようやく来週に迫った7月に解除されるようなので、

ネオンの消えたパタヤを見られたのは、貴重な経験だったかもしれません。

そこで感じたのが、同じ「静けさ」でも、

ホアヒンのような自然の静けさと、明かりが消えた静けさとは質が違うということ。。

やはりパタヤはギンギンギラギラが似合う街。

規制が解除になっても、外国人観光客が戻ってこなければ大変でしょうが、

人間の煩悩の火が消えることがなければ

パタヤのネオンも輝き続けられるのだろうな

と、真っ暗な通りを見ながら思ったのでした。。



今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字