2020年06月17日

印籠を片手に進むバンコク高校教師の道

みなさんおはようございます。

タイの公立学校で教えるにあたって必要となる、タイ教員免許取得のために、

去年の1月〜8月の間、全8回コースの授業に通い、

苦手な英語のレポートをいろんな人の協力のもとなんとか仕上げ、

8月に無事にホテルで盛大に修了式を迎えた

という話を、去年こちらで散々書かせていただきましたが、



その最後の修了式、ホテルビュッフェが無料でついていたり、

服装もいわゆるあの外国式の大げさなやつだったりした割には、

肝心の修了証は、名前の入っていないペラペラの紙切れ。。

その時、正式な証書は2ヶ月ほど待ってくださいと言われていたのですが。。

そのコースの大元となるフィリピンの大学とタイの教育省の間に

何か変化があったのかなかったのかはわからないのですが、

一度に証書を発行できる人数に制限がかかったとかなんとかで

2ヶ月以上待たされているうちに年が明け、

2月ぐらいにはと連絡があった直後に

今度はコロナ騒ぎで、フィリピンの大学も閉鎖され、

もうもらえないんじゃないか、と心配していた中、

先週、発行されましたとの連絡が学校からついに届きました。

あとは、僕のビザ担当の方がタイ教育省にその証書を提出して

教員免許の手続きをしてくれるという最終段階を待つのみ。

その最終段階を無事通過すれば、名実ともにタイ国の教師と認められることになるわけです。

実はここ数年、「もうやるべきことはやったのでは」という思いから、

高校教師をやめようと思ったことも一度や二度ではありませんでした。

しかし、皮肉なことにコロナによって、新しい教育スタイルが模索され、

今までやってきたことだけでは通じない時代に突入しようとしています。

いうなれば、また「やるべきこと」ができてしまったわけなのです。

そんなタイミングで教員免許という印籠をいただけるというのも、意味のある偶然なのかも。

FullSizeRender

僕のバンコク高校教師の道は、まだまだずーっと先まで続いているのかもしれませんな。


今週のよってらっしゃい見てらっしゃい ↓↓↓

 
 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00│Comments(0)バンコク | 日本語教師

コメントする

名前
 
  絵文字