2020年06月15日

オンライン授業もいいもんだ

みなさんおはようございます。

来月から始まる新学期は、1日の学生登校数を制限しながら、

今まで通り教室で行うことになっていますが、

今月は将来の予測不能な事態に備え、試験的にオンライン授業が行われています。

僕が担当しているのは今年から高2になる、5年9組日本語クラス。

(タイでは、高1ー高3が4年生ー6年生という呼び方がされています。)

試験的であるので、このオンライン授業で行われていることは、

1学期の点数には反映されない、ということを知っているだろう生徒たち。

この3ヶ月の間、どうせゲームばかりしていて、

夜更かしと朝寝坊の習慣が完全に定着してしまっただろうし、

39人クラスでも下手したら5人ぐらいしか集まらないんじゃないか、と思っていたのですが、

彼らからしたらおじいさんぐらい年の離れた僕に遠慮してくれているのか、

今のところ毎回20数名が参加してくれています。

FullSizeRender

授業の最初には、1人づつ「おはよう」の挨拶をしてもらっているのですが、

教室とは違い、ヘッドフォンから聞こえてくるその「おはよう」は、

それこそ、寝たきりのおじいさんの耳に口を近づけて

「おはよう」を言ってくれている孫たちの声のように感じられたり。。

授業中に生徒を指名して、発話させる時に

生徒がマイクをオンにした瞬間、聞こえてくる家族の会話の声や

「一体どこで勉強してるの?」って聞きたくなるような、バイクの音に、

思わず吹き出してしまったりすることもしばしば。

生徒の日常生活がヘッドフォンから漏れ聞こえ、

教室にいるときよりもなんかこう親近感が湧いてくるってこともあるんですよね。

一方こちらは上はポロシャツを着てますが、生徒から見えないので下はジャージ。

横にアイスコーヒーを置きながら、超リラックスして教えさせてもらってます。

このままコロナの脅威が遠のいて、今まで通りの教室授業に戻れることが一番いいのでしょうが、

オンライン授業もそれなりに楽しめるもんだな、と感じているのでした。


今週のよってらっしゃい見てらっしゃい ↓

 
 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00│Comments(0)バンコク | 日本語教師

コメントする

名前
 
  絵文字