2018年03月26日

赤くじをつかみませんように

みなさんおはようございます。
前回に引き続き、怪談話になるのですが、

タイには、タイ人なら誰でも知っているナーク夫人という女性の幽霊の話があります。

お岩さん、お菊さんの物語が世代を超えて何度もリバイバルされるように、

このナーク夫人の物語も、何度も舞台劇や映画になっているようです。

障害を乗り越えて結ばれた最愛の旦那が、徴兵にとられ、その間に出産に失敗してナーク夫人は亡くなります。

その無念と旦那への愛でナーク夫人は霊となって蘇り。。

徴兵から帰還した旦那さん、村人のあれは化け物だという忠告を聞き入れず、一緒に生活していたのですが、

ある日軒下に落ちた杵を、ナーク夫人が縁側に座ったまま、異様なほど伸びた腕でとる様子を目撃してしまいます。

おそれをなした旦那さんは、マハーブット寺に駆け込み。。

長くなりましたね。。

続きが気になった方は、ウィキへどうぞ。

で、この土曜日に、僕とAとAの会社の同僚さんと一緒に、そのマハーブット寺へ行ってまいりました。
IMG_2081
実はこの時期このお寺は、ナーク夫人の像にお詣りにくる、若い男性の参拝客で絶えません。

そしてナーク夫人にみんな同じ願い事をするのです。


「どうか徴兵のくじで赤くじを引きませんように。。」


実は、来週の月曜日、全国で徴兵のくじ引きが行われるんです。

赤くじを引けば、徴兵に行かなきゃいけないという、世界的に見ても珍しい、抽選ルール。

日本のテレビでも結構取り上げられていますよね。

うちのAも大学を卒業し、いよいよこの抽選に挑まなければなりません。
IMG_2080

できれば行ってほしくない私もともにナーク夫人におすがりしてきたというわけです。

で、どうしてナーク夫人にこの願いごとをするのかというと、

旦那が徴兵に行っている間に非業の死を遂げたナーク夫人なら、世の男子が徴兵にとられるのを悲しく感じているはず。
だから、僕たちを行かせないでください。。

という、なんとも無理のある理由だそうです。

困った時の神頼み、じゃなくて、幽霊頼みですな

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。                    押して押してー
タイ・ブログランキング

















berialshunnya at 09:00│Comments(2)バンコク | 日本語教師

この記事へのコメント

1. Posted by たっちゃん   2018年03月26日 14:14
ナーク夫人の呪いで、皆赤ってないかしら?
私って、ひねくれてるわね。
2. Posted by Shun   2018年03月26日 18:26
たっちゃん様
やめたげて

コメントする

名前
 
  絵文字