2021年12月

2021年12月30日

2022年こそは良い年になりますように

みなさま、おはようございます。

オンライン授業に明け暮れた2021年ですが、

当校はようやく12/20より限定的に対面授業がはじまりました。

といっても、限定的にもほどがあるってほど限定的。

今週は高3、来週は高2というように、6学年1週間ずつの持ち回りなので、

2学期が終わるまでに当校できる日もせいぜい10日ほど。

その上、まだまだ収まりを見せないコロナ感染を危惧して、

子供を登校させない選択をする親御さんも多いようです。

その週に登校する生徒と、その学年の授業がある教師は

週初めにATK検査を受ける必要があり、

中3から高3までの4学年の授業を受けもつ私は、

4週間連続で、鼻を串刺しにされてしまうという悲劇つき。

IMG_2998

今年最後の週である、今週の登校学年は高2で、

月曜には、久しぶりにあった生徒たちとビンゴゲームをして

盛り上がったりと、やはりこういう時間っていいよなぁ

なんて思っていたのですが・・

昨日、水曜日に教室に入ると、登校してきていたのはたったの9人。

その理由はこちら。


タイでもうなぎ上りに増えているオミクロン株感染。

ニュースを聞いている限りでは、

症状も普通の風邪と変わらないような気がするのですが、

そこは、「腐ってもコロナ」

もし毎週行われる検査で陽性でも出ようものなら、

ドナドナドーナードーナー♫とばかりに、

隔離生活が余儀なくされるわけで・・

この調子では、限定的開校も見直され、

またもや悪夢のロックダウンなんてことにならないとも限りません。

コロナとともに高1を迎えた、今の高2も、

当たり前ですが、半年もたたないうちに高校3年生。

運動会も、文化祭も、遠足も、日本の高校生との交流会も、

何も味わえないまま、人生で1番楽しい時期と言われる

高校生活が終わってしまうなんて、かわいそうでなりません。

この子たちにとって、来年こそはトンネルの出口の光が見える、

そんな1年になってほしいと願いつつ、

今年最後の記事を締めくくりたいと思います。

IMG_3039


みなさんもよいお年をお迎えくださいね。

では、また来年お会いしましょう!!


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!
こちらのボタンもポチッとよろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

instagram→https://www.instagram.com/shunnyaberial/
twitter→http://twitter.com/berialshunnya
facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)バンコク | 高校教師

2021年12月11日

一年で一番うれしいニュース

みなさまおはようございます。

2学期も1ヶ月以上が経過しましたが、

ついに当校も開校の目処がついたようで、

12月20日より、学年ごとの週替わり登校が始まります。

ただ、登校しても密にならぬよう、クラスを2つに分け授業を行うとのこと。

教師は一人なので、どうするねん?って話なのですが

とりあえずやってみようというのは、まさにタイスタイル。

あと、僕にとって憂鬱なのは、毎週行われるコロナ検査。

脳に突き刺さるんじゃないかというぐらい、綿棒を鼻の奥まで突っ込んでグリグリするあれ、

まだ未経験なもんで、「嫌やわぁ」って毎日ため息をついている次第でございます。

でもそんな中、うれしいニュースが飛び込んでまいりました。

「私たちの県自慢」という高校生日本語動画コンテストで、

バンコク第2学区で優勝を果たしたことは、8月のこちらの記事で書きましたが、




次のステージに進んだはずなのに、全く音沙汰がなかったんですね。

で、ちょっとヤキモキしていたわけなんですが、

ここにきて、ついに「結果発表!!」となったわけです。

バンコク第2学区の次のステージは、「バンコク及び東部地区」となっていて、

ここで上位2校に入れば、「全国大会」にエントリーされる運びとなります。

で、肝心の結果は、なんとなんとの、第1位。
FullSizeRender
バンコク1の進学校を蹴落としての金星に、

高笑いがしばらく止まりませんでした(笑)

今回は、地方大会の得点がそのまま全国大会に反映されたとのことで、

全国では5位という惜しい結果になりましたが、そこまで高望みはいたしません。

少し早めのクリスマスプレゼントに、もう大大大満足なのでございます。

今年はコロナのせいで、高校生が一堂に会するようなコンテストは開催できず、

やむを得ず、動画コンテストとなってしまい、当初は参加するかどうかすら迷っていました。

なにせオンラインでしか練習できないのですから、

教える方としても、要領を得ないわけです。

でもそんな中で、試行錯誤しながら一つの作品を作りあげ

その作品がこんなに評価されたという体験は

二人の生徒にとっても忘れられないものになるのではないでしょうか。

とりあえずやってみる、

そのことが思わぬよき結果を生み出すかもしれないこと、

僕もこの年齢になって、改めて勉強させられた気がしています。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!
こちらのボタンもポチッとよろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

instagram→https://www.instagram.com/shunnyaberial/
twitter→http://twitter.com/berialshunnya
facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao