2020年08月

2020年08月31日

ISETANの1番の思い出

みなさんおはようございます。

今日2020年8月31日、バンコクISETANが閉館となります。

IMG_4731

売り上げに貢献した方、そうでない方も、

ISETANに思い出がないという在バンコク日本人はいないのではないでしょうか。

かくいう私も、紀伊国屋での立ち読み、北海道物産展での試食全ブース制覇など、

ISETANさんにはお世話になりっぱなしだったのであります(笑)。

そしてこれからもずっとお世話になるつもりだったのに、

こういう売り上げに全く貢献しない日本人が多かったためかどうかはわかりませんが、

ついにこのような悲しい結末を迎えることになってしまったのでした。

さて、僕と知り合ってから、ISETANの存在を知ったタイ人のA君とも、

いまだに「楽しかったね」と話す思い出があります。

その話については、昔も一度記事にしたのですが、

多分読まれていない方も多いと思いますので、下にそのまま引用させてもらいますね。

「閉店間際の争奪戦」

5階の食料品売り場というのは、さすがISETANだけあって、日本食がメイン。

また6階には、本屋の紀伊国屋と、日本料理店が軒を並べる「ご馳走通り」があり、

この2フロアはさしずめリトルトーキョー。

もちろん日本人客も多いですが、それにもまして日本食大好きタイ人もここを目指していらっしゃっています。

では、話を5階の食料品売り場に戻しましょう。

この売り場の一角に、寿司や海鮮丼を売っているお店があります。

このお店、ISETANの閉店時間が近づくと、半額セールがあるのですが、スーパーのようにシールを貼るわけではなく、店員の方が、

「今から50パーセントオフです」というだけ。

そしてその声も、その店のそばにいないと聞こえないほど。

だいたいこのセールが始まるのが9時過ぎなのですが、これまた売れ残りの量によるので日によってまちまち。

だからといって、あからさまに店の前で待っていようものなら、

店長さんらしき女性に

「買わないならどっかに行きなさい」的な目で見られ、

「今日は割引はしなわよ!」と声を荒げられたりもするので、

訳知りな人たちは、その店からつかず離れずで回遊魚のようにぐるぐるとそこらへんを徘徊しています。

僕とAはそんな人たちを尻目に、サクッと定価でお買い上げ。。

なんてことはもちろんなく、

イートインコーナーの椅子でペットボトルのお茶を飲みながら、

店の様子を伺っているというツワモノ。

半額セールが始まると、店あたりの空気が「ざわっ」とするので、

それを合図にAがダッシュをかまし、

いなり寿司とサーモンいくら親子丼をゲットするというのが、必勝パターン。

デパートに到着した頃にはもうそのセールが終わっていたり、セール前に売り切れていたりという日もあるので、いつもうまくいくとは限らないのですが、

うまくいった日は、明日もいい1日になりそうな気がするんですよね。

セール直前に定価で買っていく、30歳代の駐在員さんを見かけると、もうちょっと待ってた方がいいよ、って声がけしようかな、なんて思うのですが、

「大丈夫です」ってさらっと言われそうなので、やめといた方が賢明ですね

あ、ちなみにこの争奪戦に参加しているのは、ほぼほぼタイ人だということだけ最後にお伝えしておきます。

昨日最後にもう一度その空気を味わうために、ISETANへ出向き、

紀伊国屋やご馳走通りなどを目に焼き付けてきました。

そして、最後に向かったのが、件のお店。

いつの日か、Aが仕事で成功してお金持ちになったら、

このお店で昼から定価でいくら丼を食べようね、(どこまでもせこい話ですみません)

と言っていたのですが、残念ながらその夢は実現することはありませんでした。

最後の最後に定価で買ったいなりずし。

FullSizeRender

その最後の一個を食べ終わった時、

なにか一つの時代が終わったな、と大げさではなくそう感じたほど、

ISETANの存在は、在タイ日本人にとっては特別に大きなものであったのでした。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)

2020年08月28日

読み返してます

みなさんおはようございます。

以前も書きましたが、この3年半書きためてきたこのブログの、

高校での話だけを抜粋して、簡易電子書籍としてまとめてみようかな、

と考えています。



と思い立ってこの記事を書いてから、すでに2ヶ月ほどたってしまったのですが、

先日、重い腰をあげて作業に取りかかったところ、

これは、そう簡単にはいかないな、と感じてしまいました。

書き始めた頃の記事を読んでいると、ネタ的には面白くて、

みなさんに改めて読んでほしいと思うものもあるのですが、

時の流れとともに、僕の書く文章も徐々に変わってきているのか、

あたらめて読むと、自分の書いたものに違和感をおぼえてしまうのです。

そして、加筆修正をしていると、これが結構な時間がかかりまして。
FullSizeRender

家は新しく建てるよりもリフォームの方が大変、と同じようなことが、

文章にも言えるのかもしれませんね。

日本の方にはあまり知られていない、タイの公立学校の匂いを

サクッとお届けするには、30記事ぐらいがちょうどいいのかな、

と思っているのですが、まずはその記事の選択に時間がかかりそうです。

ま、期限があるわけでもないので、楽しみながら作業を続けたいと思います。

もし出来上がったら、タイのスタンドコーヒー1杯分ぐらいの値段で販売するつもりでいますので、

みなさん、読まなくてもよいですから、私にコーヒーをご馳走してくださいませ

では、みなさんよい週末を!!


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)バンコク | 日本語教師

2020年08月27日

結果発表

みなさんおはようございます。

先週金曜日の記事を読まれていない方は、まずこちらからお読みいただきたいのですが、



僕の高2の「いおり」という生徒が、

金曜日に行われたバンコク第二学区日本語コンテストのスピーチ部門に参加しました。

彼女が、病気で足が不自由になったのは、中学1年の時だったそうです。

それでも、毎日、誰よりも真剣にそして楽しそうに日本語の勉強に取り組み、

今では、「日本語の宿題ならいおりに聞け」と、クラスのみんなに頼りにされています。

いつ見ても笑っている彼女ですが、

家庭訪問に行ったギック先生の話によると、母子家庭で、治療費の捻出も大変なんだそうです。

さて、クラス代表として、このスピーチに参加することになったそんな彼女と、

コンテスト当日まで1ヶ月間、職員室での7時からの朝練を行なってきました。

スポンジが水を吸うように、どんどん上達する彼女を見るのが楽しく、

そのおかげで、超面倒臭がりの私でさえ、早朝練習のために早起きするのが、全く苦に感じなかったほどでした。

そしてコンテスト当日。

他の部門のコンテストの委員とし違う会場にいた僕は、その仕事を終えると早速いおりの元へ。

でも彼女が僕に見せた顔はいつもと違い少し悲しそう。

なんでもスピーチは無事に話終えたのですが、日本語の質問にうまく答えられなかったとのこと。

質疑応答の練習はしていたのですが、審査員の方の質問を予想しきれなかった私のミスであります。

せめて今日ぐらい、ハッピーな思いをしてほしかったんだけどと思う中、

審査結果発表の時間がきました。

次の全国大会に進めるのはたったの3名

まずは、敢闘賞2人を含めた、5校の名前が読み上げられ、

そこに当校の名前は。。

ありました!!

しかし、問題はここから。。

最初の敢闘賞で名前が呼ばれてしまうと、その時点で、全国大会への道が絶たれてしまいます。

私も、ギック先生も、オーム先生も、そして当校の他の参加生徒も、

固唾を飲んで「まだ呼ばれるな、まだ呼ばれるな」と祈ります。

当校の学校の名前は「トリアムウドムスクサーパタナカンラチャダー」

お願い!「ト」って言わないで。。。。

敢闘賞1校目は。。

「シーカン」セーーフ!!!!!

次も呼ばれなければ、いおりは全国大会へ。

敢闘賞2校目は。。

頼む頼む頼みます。。
FullSizeRender

「バンカピ」
よっしゃぁー!!!!

バンカピ高校の生徒さんには申し訳ございませんが、手を叩いて喜ぶ私たち。

その時、喜ぶいおりに、手をぎゅっと握られて、

感極まりそうになりましたが、

きっといおりなら、これから先、もっと素晴らしいものを見せてくれるでしょうから、

今日は我慢我慢(笑)。

結局、結果は3位。

ギリギリの通過でしたが、全国大会では、仕切り直し。

もしかするともしかするかもしれません。

今回いおりがスピーチしたのは「わたしの太陽」

病気で打ちひしがれていた時に、彼女の心を照らしてくれた太陽とは?

興味のある方はぜひご覧になってみてください。



また、今回の大会では、いおりのクラスメイトでもある「えみか」も音読部門で堂々の3位。

IMG_1729

二人揃って進出する次の全国大会は9月7日。

厳しい戦いになるでしょうが、ここまでくれば、2人には、笑顔で思いっきり望んでほしいものです。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ


インスタはこちら→https://www.instagram.com/shunnyaberial/
youtubeチャンネル登録もよろしく!


berialshunnya at 10:00|PermalinkComments(0)バンコク | 日本語教師

2020年08月26日

どんな計算でそうなるん?

みなさんおはようございます。

通常より1ヶ月半遅れの7月から始まった今学期。

生徒数半数ずつの入れ替え登校から、通常登校に切り替わって、

ちょうど2週間。

ようやくいつものペースに慣れてきたところですが、来週はもう中間テスト。

中間テスト期間は通常、授業がないのですが、

今学期は特別に、先生各自が授業中に中間テストを行うことで、

少なくなった授業数を取り返そうということになりました。

なのですが。。

来週末は4連休、今週から始まる高校男子の軍事訓練のため、

1学期のこれからの木曜日は高校の授業はなし。

おまけに、9月中旬は教師の研修旅行で、3日授業が潰れ。。

むむ?と思いカレンダーを開けて、指折り数えてみると、

9月の授業日は、なんとたったの15日。

そっかそっか、で、10月は目一杯授業があるんだよね?

と、他の先生に聞いたところ、

「期末テストは10月20日からだよ」って。
FullSizeRender

1ヶ月半ずれ込んでスタートした1学期、

さらに、入れ替え登校で、授業が逼迫していたのに、

なぜに期末テストは、通年より1ヶ月遅れにしかならないのでしょうか。

いや、それでいいならいいんですけどね(笑)。

この分だと、4月いっぱいあると言われていた2学期の授業も、

きっと3月中にはすべて終わり、

来年度のスタート5月中旬まで、いつもどおり、たっぷりとお休みをもらえることでしょう。

その時に一時帰国が叶い、「この1年大変だったよねー」なんて、

両親や友人たちと語り合いたいですけど、

まだまだ時期尚早かもしれませんね。。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)バンコク | 日本語教師

2020年08月24日

好きにやらせていただきますね

みなさんおはようございます。

以前の記事で、タイの高校教師会復活か?ってのを書かせていただき、



なんとなく、現在タイの高校で日本語を教えている方に、

経験者として、ざっくばらんにお話するぐらいなら、と考えていたのですが、

どうも僕の勘違いだったようで、

どういうわけか、僕が高校日本語教育について話す場は

タイ国日本語教育研究会の月例会だったようです(笑)

こちらは高校教師同士カラオケボックスでも、と思って申し込んだのに、

気づいたら「NHKのど自慢」にエントリーされてしまっていた気分で、

さて、どないしましょうかね、と思っているところであります。

なんでも今回の月例会は第266回とかいうことで、きっと歴史ある研究会なんだと思いますが、

大学の先生方が多く、いつもはアカデミックな議論がされているというイメージがあるため、

僕には関係ない世界やわ、と

バンコクで16年日本語教師をしていながら、ほとんど参加したこともなかった研究会。

高校の先生を低く見ている大学の先生もいて。。という話もチラホラ聞きますが、

他の高校の先生は別として、僕、本当に低いですからね

ま、でも低いところにいる強みといいますか、

タイで日本語教師をしていれば必ず知っているのであろう偉い先生とかも、

僕にとっては、全く知らない、おじさんおばさんの一人。

空気を読むも何もって感じですし、というか元々空気を読むことが苦手な人間。

これは、もう好き勝手に喋らせてもらおうと、腹をくくることにしました。

FullSizeRender

多分、最初で最後の機会でしょうし、

人生の思い出の1ページってことで、楽しんじゃったもの勝ちですな。


研究会の日時は9月19日(土)10:00-12:00 ですが、

僕が話す時間は、最初の30分のうちの10分ぐらいだと思います。

来月になれば、タイ国日本語教育研究会のホームページで告知が出ると思いますので、

興味がある方はチェックしてみてください。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!


こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(4)バンコク | 日本語教師