2018年11月

2018年11月30日

ムーガタパーチー

みなさんおはようございます。

昨日の放課後、校内の一角にて、シラパハッタカム日本語コンテストのお疲れパーティーが行われました。

結果がよければ、ムーガタを奢るって約束を生徒たちとしていたかどうかは、あまりはっきり覚えてないんですが、

子供たちが、ムーガタ!ムーガタ!とおねだりするもんで、高3日本語クラス担任のオーム先生の仕切りで、即席パーティーが実現。

IMG_5606

あ、ムーガタというのは、こういう鍋を使って、豚肉を上部で焼き、まわりに注がれたスープで野菜などを煮るという、一度で二度おいしい庶民食。

わざわざ店に行かなくても、鍋と具材とスープとタレをセットで宅配してくれるんです。

なので、放課後に校内で食べることもできるんですよー。

IMG_5615

コンテストのお疲れ会だったはずが、結局はコンテストに参加していない男子生徒も匂いにつられてやって来て。。多めに注文していたはずの豚肉も、すぐにすっからかん。

食べ盛りの男の子の食欲は、見ているこっちが気持ちよくなりますな。

しかし、こうやって、先生と生徒が同じ鍋を囲むってのも、

教師と生徒の距離が近すぎるほど近い、タイならではの光景なのかもしれません。

IMG_5609

が、その一方で、先生を敬う気持ちも態度の端々に感じ取れるという絶妙な距離感。

この距離感がなんとも心地よいのであります。。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

下の二つのバナーもポチッとよろしく!
タイ・ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ


berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)バンコク | 日本語教師

2018年11月29日

わたしの家族

みなさまおはようございます。
先週、高1の生徒たちが漢字テストで四苦八苦している様子をお伝えいたしました。

で、あまりいじめすぎて成績が悪くなるのも可哀想なので、ただで点数をあげるつもりで、わたしの家族という課題を与えました。

わたしの家族は4人です。
父と母と兄がいます。
父は会社員です。45さいです。。

というように、家族構成と、年齢、職業を説明する簡単な文とともに、家族の絵を描いて提出というもの。

日本語学習の初期において学ぶ職業名は、先生、会社員、医者、銀行員、公務員、といったものなのですが、残念ながら、そういった職業についているお父さんは皆無で、

バイタクの運転手、果物売り、洗濯屋、なんでも屋など、個人で稼いでいる方がほとんど。

そして年齢は軒並み僕より年下。。ってそりゃそうか。

まあ、そんな情報収集にも役立つ課題でもあるのです。

そんな中で、

父はとりひきです。母もとりひきです。

というなんとも物騒なことを書いてきた子もいましたが、いつものGoogle先生から教わった言葉だったようで、単に、雑貨を売ってられるようでした。。

で、家族の絵ですが、取り立てて上手なものも下手なものもなく、パンチにかけると思っていたら、

こんなものを発見。
IMG_5447
若い頃はカッコよく見えたギタリストも、今となってはただのごくつぶし。この子の学費もあるし、あたしが商売してかせがないと。にしても、こいつらヘラヘラしやがってー!

てな感じでしょうか?

女系国家タイランドをよく表している秀逸な作品だと思われます。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

下の二つのバナーもポチッとよろしく!

タイ・ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ


berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)バンコク | 日本語教師

2018年11月28日

タイでも食べられるようになりました

みなさまおはようございます。

約3年前にAを初めて日本へ連れて行った時のこと。

Aが感動した食べ物の一つが、なんと「胡瓜」でございました。

タイにもテンクワと呼ばれる胡瓜状の野菜はあるのですが、

日本の胡瓜をブヨっとさせた感じで、日本人が胡瓜に対して一番求めるあの歯ごたえがゼロ。

そんな、歯ごたえ抜群のパッキパキな胡瓜がめっちゃ気に入ったAでしたが、

タイでわざわざ日系スーパーで高いお金を払って胡瓜を買う気にはならんと思ってました。

しかし、嬉しいことに最近、TOPSといったタイのスーパーでも

「テンクワイープン(日本の胡瓜)」が安価で売られるようになってきました。

僕の想像なんですが、日本の胡瓜に目覚めたタイの方たちが、これは売れるってことで、

タイで栽培を始めたんじゃないでしょうか。

本当に微妙なんですが、やはり日本の胡瓜よりちょっと太ってるんですよね

でも全然許容範囲なので、よく買って食べてます。

どうやって食べるかというと、こちら。

IMG_5439

うちのオリジナルの胡瓜の浅漬け。

ナンプラー、チキンブイヨン、ごま油、唐辛子でモミモミした1品。

お酒にもご飯のお供にもなりますので、皆さんも一度お試しくださいませ!
タイ・ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ


berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)バンコク | 日本語教師

2018年11月27日

ICONSIAMの2つの目玉

みなさまおはようございます。

今日は昨日に引き続き、チャオプラヤー川沿いにオープンした、豪華絢爛ショッピングモール、ICONSIAMについて。

こちらのショッピングモールには、他のモールにはない大目玉が2つあるので、今日はそれをご紹介。

まずはこちら、

IMG_5468

アップルストア。

なんでも東南アジアではシンガポールに続く2号店だとか。

高さ12メートルの一枚ガラス窓がなんとも豪華。

これでタイの方もIPHONEなどの新作をアメリカや日本と同時に手に入れられることとなりました。

またこちらのショップでは、マックブックを使ったWebデザイン講座なども無料で開催されているようでございます。

こんなオサレな場所でオサレなアップル製品と触れ合ってたら、

別にそんなに興味ないけど→触ってたらなんかよさげ→欲しくなってきた→気づけば買ってた

的な流れができるのかもしれませんな。

そして、アップルストアの前はチャオプラヤー川を見下ろす公園になっており、本当に贅沢な空間。

世界各地のアップルストアの中でも、相当いい線いってるんじゃないでしょうか。

さてさて、林檎のマークを後にし、次に向かったのが、

もう一つの目玉、こちらは薔薇のマークで有名な、

IMG_5537

高島屋でございます。

こちらも東南アジアではシンガポールに続く第2号店となるわけですな(確かそうですけど間違ってたらすみません)

訪れた時間が閉店間際だったため、そんなにちゃんとまわれていないのですが、

やはり、日本大好きなタイ人富裕層をターゲットにしていると思われます。

日本料理屋さんが立ち並ぶ一角もあり、我々には手が出ない、お寿司屋さんやら鉄板焼き屋さんなどが並んでおりました。
IMG_5454

現在タイの芸能人などのインスタグラムで #OMAKASE  というハッシュタグをよく見かけるように

今や寿司屋で、おまかせコースを注文するのが、ハイソなタイ人のステータス。

IMG_5453

ちなみに高島屋さんのお寿司屋さんの夜のおまかせコースは7000バーツ(23000円)。

70歳の誕生日ぐらいに行ってみましょうかね

昨日と今日、紹介させていただいた、ICONSIAM。

総じて僕とAには、無縁な場所ではありましたが、

チャオプラヤー川の風に吹かれながら、BANGKOK CITYの栄華を感じられる場所としては最高な場所ではありました。

感じるだけなら無料ですしねー!

みなさまもバンコクにお越しの際はぜひ行ってみてくださいね。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

下の二つのバナーもポチッとよろしく!

タイ・ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ


berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(2)バンコク | 日本語教師

2018年11月26日

ICONSIAM

みなさまおはようございます。

バンコクにはサイアムパラゴン、エンポリアム、セントラルワールドなどなど、

豪華絢爛系デパートが数多くありますが、

今月、ついにこれがとどめか?といったゴージャスショッピングモールが完成いたしました。

それが、こちら
IMG_5475

ICON SIAM。

チャオプラヤー川のリバーサイド、ヒルトンホテルの横、オリエンタルホテルの斜向かいといえば、

バンコクに詳しい方には、「あー、あそこらへんね」と分かっていただけるでしょう。

サパーンタクシン駅から専用のシャトルボートでもアクセスできますし、

近々、BTSの線路を延長して、サパンタクシン駅からシャトルトレインもピストン運行される予定。

ボートで行くと、エルメス、ヴィトン、グッチなどなどが立ち並ぶハイソゾーンがドドンと目に飛び込んでくることでしょう。

IMG_5462

そんなハイソゾーンの中身はこんな感じ。

IMG_5460

もちろん我々には買えるものなんて何もないですから、

IMG_5459

こうやって自撮りを楽しむのが、庶民の正しい遊び方。

でも、アイコンサイアムには、そんな庶民でも食事を楽しめるところが、ちゃんと用意されています。

それが、こちらの、
IMG_5464

タイの昔ながらの水上マーケットを模して作られた、タイ物産展ゾーン。

旅行者の方にとっても、タイ土産を調達できるありがたい場所ですね。

本物の水上マーケットのように暑さにやられることもないですし。

IMG_5465

もちろん、お安く食事もできますよー。

さて、このアイコンサイアムの敷地内には、高級タワーコンドミニアム「マンダリンオリエンタルレジデンス」もあり、

低層階の一番お安い部屋で4000万バーツ(1億3000万円)。

もはや、高いのか安いのかもようわかりません。。

誰か、日本の大金持ちの方、買われませんか?

留守の間は、僕とAで、管理しといてさしあげますよー

さて、アイコンサイアムには、これらの他にも目玉が2つ。

その2つについては、また明日ということで!


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

下の二つのバナーもポチッとよろしく!
タイ・ブログランキングにほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ


berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(2)バンコク | 日本語教師