2017年05月

2017年05月24日

#10 なんかイミシンな間違い

今回は、今までも取り上げたことのある、生徒の日本語の間違いに関する話なんですが、

なんかイミシンで面白かったので聞いてください。

うちの学校の日本語クラスというのは、中学から上がってくる生徒たちの募集人数は32人で、あと8人は編入生枠となっております。

そして、これは日本語クラスに限ったことではないのですが、「特別推薦枠」というものがどのクラスにも設けられています。

これは、中学時代に何か際立った業績をあげた生徒は、その成績に関わらず、好きなクラスを特別に選べるというシステム。

たとえば、サッカーの全国大会に出たとか、歌のコンクールで優勝したとか、その業績が学校に認められれば、推薦枠に入れるというわけ。

さて、今年の高一のクラスの級長さんもその「特別推薦枠」で日本語クラスに入ってきました。

彼の業績は、中学時代、学校の仏教行事で常に生徒代表として、行事を取り仕切ってきたこと。

僧侶のお世話をするのも彼の仕事、生徒があげるお経をリードするのも彼の仕事。

お経なんて学校行事で唱えるだけでも何種類もあるのですが、

彼はそれらを完璧に暗唱できるみたいなんですよ。

先生たちも彼のことを愛着をこめて「タンマ君」と呼んでます。
(タンマとは日本語ではダルマ「仏法」のことです)

そんな素敵な彼がなぜ日本語クラスを選んでくれたのは謎ですが、

高一の日本語クラスの担任であり、日本語教師の同僚でもあるギック先生は

「タンマ君のおかげですごく助かるー。」と大喜び。

なんせ先生が指示する前に動いてくれるのですからねぇ。

そのギック先生、先日初めての「ひらがなチェックテスト」を行ったようで、その結果を見せてくれました。

もちろんタンマ君の解答用紙も。

それがこちら(心広い彼はテストの公開も快く了承してくれました)
image

「く」がひっくり返ってますよね~

これってもしかして。。

ひっくり返すことで「苦」を滅却させたんじゃないでしょうか・・・

さすが仏道を行くタンマ君。

ただものじゃないですな。。

2017年05月23日

日本といえば?

みなさんおはようございます。

今日のタイトル「日本といえば?」ですが、みなさんなら何とお答えになりますか。

最近は日本に観光に来る外国人の方もぐっと増え、またそういった方々にインタビューをするテレビ番組のコーナーもよく見受けられたりすることもあり、日本や日本人が外国人目線ではどのように映っているのかが以前よりは理解しやすくなってきましたよね。

リオオリンピックの閉会式でのドラえもんとマリオのコラボなんて、まさに世界に向けての「分かりやすい日本らしさ」ですごくよかったと、僕は感じました。

学校でも、初めて受け持つ生徒に「日本といえば何を思い出す?」という質問をすることがあります。

すると、だいたい次のような答えがかえってきます。

「すし、ラーメン、ふじさん、さくら、おおさか、とうきょう、ドラえもん、コナン、
 ワンピース 、きもの、AV・・」

最後のAVも、日本的なサブカルチャーとして確固たる地位を築いているわけですが(蒼井そらっていう元AV女優のおかげで、「あおい」と「そら」という言葉はすぐに覚えてくれるという副産物までうまれるほどであります。。)、そこはおいておいて。。

やはり若者に絶大な人気を誇る日本文化といえば、漫画、アニメのようです。

僕はワンピースもNARUTOも読んだことがないので、その話で盛り上がることはできないのですが、世界の子供(いや大人もか)の心をとらえてはなさないストーリー作りって、本当にすごいですよね。

漫画やアニメから日本語の話し言葉を覚えていく生徒の様子を見ていると、「好きこそものの上手なれ」って本当だなあと思い、実際、語学教育で教師が果たす役割って数パーセントぐらいしかないんじゃないかな、と思っちゃいます。

でも、こうやって日本や日本文化を愛してくれている国で、日本語教師として仕事をさせてもらえることって、幸せなことなんだな、と改めて感じたりして。

なので、できることは少ないけど、心をこめて誠実にやっていかないといけないな、とこれを書きながら襟を正す思いでいます。

さて、襟を正しながら言うことでもないですが、

週末に見た漫画原作の映画「サクラダリセット」
特殊能力の能力が特殊過ぎて、なんかよく分からない場面もありましたが、

野村周平君を大画面で拝めただけで大満足な僕でありました

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
                                                                                                                  押して押して~
 タイ・ブログランキング











2017年05月22日

朝礼にて

みなさんおはようございます。

月曜の朝、嫌だなあなんて思ってませんか?
嫌だなあと思っても思わなくても、やるべきことは同じこと。
だったら笑って過ごした方がずーっといいですよね

さてさて、今朝は、朝礼にまつわるお話です。

僕の時代、学校の朝礼ってのは、週に一回月曜だけというイメージなのですが、今でもそうなのかな?

その朝礼、タイでは毎日行われるんですよ。だいたい7:40頃から20-30分毎日。

そして何があっても必ず行われるのが、国旗掲揚を伴う国歌斉唱、仏法僧に帰依する意味の短いお経、校歌斉唱。

毎朝欠かさず同じことをするって、1日のはじまりが感じられていいですよね〜。

で、その他にも日によって、先生や学長からの伝達事項があったり、短い瞑想を行なったり、生徒会からのお知らせがあったりと色々。

そんな中、先日、新入り先生と外国人先生の自己紹介が行われました。
いつもは古参の僕は、これには呼ばれないのですが、今年に限ってなぜか僕にもお鉢が回ってきました。

今さら?と思って渋々な感じで壇上にのぼったのですが、生徒たちのやんややんやの歓声にのせられて、一番バッターで自己紹介
ただ生徒たちのこの歓声ってのが、なかなか残酷でして。。

男前の外人教師には割れんばかりの叫び声が飛び交うのですが、そうでなければ
シーーンと水を打ったように。。

この国ってエグいほど外見重視な面を見せることがあるんですよねー。

もちろん僕に対する黄色い声も、この大人の魅力をたたえた容姿から

と言いたいところですが、

ひいき目に考えても、ふなっしーぐらいの扱いやと思います

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。                       押して押して~
タイ・ブログランキング





2017年05月20日

一週間が過ぎて

みなさんおはようございます。

新学期も最初の一週間が過ぎ、早寝早起きのライフスタイルを取り戻しつつあります。

休みを長くいただける(って4月は無給ですが )のはありがたい一方、長く休んでるせいでリズムを取り戻すのに時間がかかるという面もあります。

そんななまった頭と身体で臨んだこの一週間でしたが、元気に笑顔で迎えてくれた生徒たちにうまくのせられて、今年はかなりスムーズにスタートを切ることができた気がします。

また来週からも1日1日、生徒との時間を味わいたいと思います。

そのためにも週末はバッテリーをチャージするのも大切。。


なんせ212名の子供を抱える身ですからね〜

ではでは、みなさんもよい週末をお過ごしくださいね。

また来週お会いしましょう。。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。                
                   押して押して~
                                                                                     タイ・ブログランキング




2017年05月19日

短縮授業

みなさんおはようございます!

みなさんが中学、高校の時って、何分授業でしたか?
僕の学校は確か50分だったかな?んー、記憶も曖昧ですね

でも何かの折に、短縮授業で授業時間が10分少なくなったりすると、めちゃくちゃ嬉しかったことは、鮮明に覚えてます

その短縮授業なんですが、うちの学校(多分タイのどの学校でも)では割と頻繁に行われます。

午後3時からの時間を、大掃除や運動会の練習や教師の研修会などに費やす時などに、10分短縮にするようですよ。

でも、もちろんタイのことですから、知らされるのも当日かよくて前日。

実は昨日も急に短縮授業になったのですが。。。 

チャイムの設定は通常のままなので、一体今が何時間目かよく分からなくなったり。

また、タイの学校には休み時間がないから、教室移動で時間がとられて、実質授業時間が30分しかなかったり。。

ただでさえ時間管理と計算があまり得意じゃないお国柄なのに、この短縮授業をやると、なんか一日中ばたついてる雰囲気になっちゃいます。
 しかし、「今何時間目?」「あたしもようわからーん」って言い合う先生たちのいい加減さが、本当に良い加減に緩くて、僕の口元も緩んじゃうという、

タイらしいお話でした。。

今回もお読みいただきありがとうございました。                                
                          押して押して~
                                                                                                                 タイ・ブログランキング