2017年05月30日

新入生歓迎会

みなさんおはようございます。

今朝は、先週金曜日に学校の校庭で行われた、高2の日本語クラスによる新入生歓迎会の模様をお伝えします。

毎年新学期が始まると、高2や高3の生徒たちから、「今年の高1はどう?うちのクラスよりかわいい?」なんてよく聞かれます。
同じ日本語クラスの先輩、後輩ってやはり気になるものなんですね。

で、数年前からはじまったのが、新入生歓迎会。
ここで、あらかじめくじで決められていた、ピーラハット、ノーンラハットと呼ばれる、先輩後輩のバディーが発表されます。

高1からしてみれば、どんな先輩が自分のこれからのお世話係になるのかで、ドキドキワクワク。
一方、僕とギック先生はそれを高みの見物。
「ありゃあ、後輩の方がお世話係だな」とか「なんか、あの女子、いきなり恋する目になってない?」とか、無責任にケラケラ笑ってました。

無事にバディーも決まったあとは、先輩後輩交えての、ゲーム大会。こちらではこういったゲーム大会の罰ゲームで必ず持ちいられるシッカロールと口紅で、顔に落書きするのが恒例。
 
こんなにいっぱい描かれちゃうって、人気者の証拠やねー

最後は、これからよろしくお願いします!ってことで、先輩後輩でプレゼント交換。

宿題を教えてもらったり、七夕などの行事で協力しあったりと、交流する機会もいろいろ。

僕は、学生時代にそういう縦のつながりがあまりなかったので、見ていてちょっぴりうらやましかったです。

日本語クラスという名のもとに、知り合った、先輩後輩たち。
兄弟姉妹のように仲良く楽しく、高校生活を送っていってほしいものです。
みんなにとって、たくさん素敵な思い出ができますように!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!                       押して押して~
タイ・ブログランキング











berialshunnya at 09:00│Comments(0)TrackBack(0)バンコク | 日本語教師

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字