2020年06月12日

コロナ世代

みなさまおはようございます。

先日Facebookを開くと、例の「〜年前」機能で、

5年前のこんな写真が上がってきました。
IMG_3005
これは、今まで毎年開かれていた、日本語クラスの新入生歓迎会時の集合写真。

この時に新入生として迎えられていた生徒たちも、今年はもう大学3年生。

ということは、ここにうつっている当時の高3は、もう社会人ってことか。

ニュースで今年は大学新卒の就職も例年より難しくなるという話を聞きましたが

かわいそうにあおりをくってしまっている子もいるのかもしれませんね。。

さて、この新入生歓迎会では、くじによって先輩と後輩のバディーが決められ、

卒業するまで、その関係が続きます。

本来は先輩が後輩の面倒を見るのが筋なのですが、

中には、後輩の方が頼りになるというバディーもあったり。。

さて、今のこの時期は、普段なら新学期からちょうど1ヶ月たち、

クラスのみんなとも馴染んできた頃。

さらに、この歓迎会で先輩とも交流ができ、

日本語クラス3学年が一丸となるという良い流れがあったわけです。

しかし今年は、先日入学試験が行われたばかりで、

高1の日本語クラスの名簿もまだできていない状態。

もちろん新学期が始まった後も、

子供たちが密を形成するこんな行事はできないわけです。

また、この歓迎会以外にも、

七夕祭りや、高3主催の日本語キャンプ、文化祭、日本の高校との交流会

などなど、先輩と後輩が入り乱れて参加する日本語クラスならではの行事が

毎年てんこ盛りだったわけですが、今年は全てキャンセルということになるのかもしれません。

「行事ばかりで授業が全然進まない〜」と笑っていた12年でしたが、

13年目の今年は、New Normalと折り合いをつけながら、

試行錯誤で進んで行かざるを得ない、そんな学校生活になりそうです。

そういう意味では、2月に書いた、「木星回帰による新しいフレーズ」というのが



奇しくも的中したということになりますな。

大昔、割と真剣に占星術師を目指していたことがありましたが、

これも、一つの「昔取った杵柄」

ちょい話はずれましたが、

運動会も文化祭も何もない、

そんな稀有な高校生活を送らざるを得ない今年の高校生は、

後々、「コロナ世代」なんて言われるようになるのかもしれませんね。


今週のよってらっしゃい見てらっしゃい ↓

 
 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)バンコク | 日本語教師

2020年06月10日

「いまじゃなくても」→「いまのうちに」

みなさんおはようございます。

いきなりですが、このブログをお読みのタイ好きの貴方に質問です。

「あなたにとってタイ旅行で欠かせないもの」って何ですか。

昔関口宏さん司会の「クイズ100人に聞きました」という番組がありましたが、

FullSizeRender

100人の回答者の人数分だけ点数がもらえるというルールのあの番組だったら、

この問題、「マッサージ」と答えれば、多分36点ぐらいは獲得できるんじゃないでしょうか。

かくいう僕もタイへ旅行で来ていた頃は、

今日はフット、明日は全身、とこれでもかというぐらい、毎日通っておりました。

しかし、それぐらい好きだったにもかかわらず、

こちらに長く住みだすと、意外とこれが行かなくなるものなんですよね。

「いつでもいけるから今日行かなくてもいいや」の積み重ねが

気づけば1年になっている、というあのパターン。

しかし今回のコロナによる規制により、マッサージ店ももちろん規制の対象となり、

2ヶ月半の間、この国からマッサージというものが消えてしまったのです。

で、そういう状況になると、人間というのはまことに身勝手なもので、

いつかのあのマッサージの気持ち良さが思い出され、「あ〜足揉まれた〜い」となるわけですな。

そして、ようやく今月から、マッサージ店も再開されたわけですが、

タイ人は観光客のように頻繁にマッサージに行くわけではないですし、

ただでさえ供給過剰気味だった、こちらの業界の中には

たたまざるを得なくなる店も多く出てくるのではないでしょうか。

そういや僕が行っていた店も、中国人率高めだったしなぁ。。

FullSizeRender

フィットネスの再開による、連日のスタジオクラスで

足の疲れもピークに来ていることだし、

今日あたり久々に揉まれに行こうかなと思っております。

コロナ第2波で、いつまたどうなるかわからないですしね、

「いまじゃなくても」なんて思ってたら、また行けなくなってしまうかも。。

マッサージだけではなく、できることは何であれ

「いまのうちに」やっておいた方がよい時代なのかもしれません。


今週のよってらっしゃい見てらっしゃい ↓

 
 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)バンコク | 日本語教師

2020年06月08日

マスクが奪っていったもの

みなさんおはようございます。

日常生活が戻りつつあることを、渋滞に巻き込まれるたびに感じている今日この頃です。

もちろん戻りつつあるとはいえ、

どこにいくにもマスク着用が原則なのは変わりありません。

5005

にしても、口元が見えなくなるというのは、

ここタイでは非常にもったいないことのように思えるのですね。

だって、ここは「微笑みの国」。

微笑みが見えないタイなんて、クリープを入れないコーヒーより味気ないのであります。

学生の頃からきちんと歯並びを矯正する人も多く、

そんなきれいな口元をマスクで覆い隠してしまうのもまた残念。

FullSizeRender

さて、マスクによる弊害というのは、そんな見た目だけではなく、

私の仕事である語学教育ということにも関わってくる問題なのです。

まず第一に、ただでさえ耳慣れない外国語が、

マスクを通すとさらにこもって聞こえてしまう問題

私も日常生活で、マスクをしているタイ人と会話をしていると、

普段より聞きづらいですし、こちらのタイ語も普段より通じにくくなっています。

なので、生徒の日本語のレベルを考えると、それ以上のことが起きることは必至なのであります。

次に、顔芸が通じにくくなる問題。

以前、授業の様子を生徒に隠し撮り(笑)された動画を見たことがあるのですが、

自分が思っていたよりも、アクティングが大きめで

「なんかすごいやん、この人」と感じたことがありました。

教えている文章の中の感情の機微を表現することももちろんですが、

生徒がうまく答えられた時に、「そう!」ってな感じで見せる顔や、

ちょっと間違った時に「おしい、もうちょい!」といった表情を作るには、

やはりマスクは相当邪魔なものだなと思うわけです。

他にも、発音時の口の動きが見えにくく、発音を真似しにくいなんていう問題もありますし

僕は、やはりマスクではなく、フェイスシールドで授業にのぞもうかなと思っております。

FullSizeRender

ま、こんなSF映画みたいなものをつけて、異国で授業をするなんて経験も、

これからのネタにはもってこいかもしれないですしね


今週のよってらっしゃい見てらっしゃい ↓

 
 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(1)バンコク | 日本語教師