2020年06月26日

離れていても

みなさんおはようございます。

朝から私事で恐縮なのですが(いつも私事でしたっけ。。)

火曜日の早朝に母から電話があり、父が下血で入院したとの知らせを受けました。

いきなりのことにも関わらず、母は冷静に救急車を呼び、

万が一のために揃えてある入院に必要な書類とともに、

無事父を病院まで送り届けることができたようです。

さすが、父の面倒を60年近く見てきた人はちがいますな〜。

その後、輸血等の処置もあり、ほどなく落ち着いたようですが

なんといってもすでに87年近く使い続けてきた体。

平均寿命を思えば相当長持ちしている部類ですから、

あちこち錆びついているところもあるのでしょう。

2年近く前にも一度入院したことがある病院なので、

検査や治療については、お医者さんと看護婦さんにお任せしています。

ただ2年前と異なり、今回はコロナ予防対策で、残念ながら母が病室に行けないんですよね。

必要なものは、下の受付で預けるという形がとられているようなんです。

まあ幸いにも、父は新聞と本さえあれば満足する人なのでいいですが、

中には寂しさで体より先に心がやられる患者さんもいらっしゃるかもしれませんね。

僕にしてもコロナがなければ、たまにちょろっと帰って顔を見せることもできたでしょうが、

今の状況では相当の覚悟がないと、帰国なんてできない状況です。


ただだからと言って「やっぱり日本で一緒に住んでればよかった」とは思いません。

なぜかというと、この16年間遠く離れて住んでいるからこそ、

たまに帰国した時に、両親とよき時間を過ごすことができたからなんです。

一緒に国内旅行もたくさんしましたし、いろんな話もしてきました。

それは、もしかすると家族を何よりも大切にするタイ人に触発されて、

日本にいた時よりも、両親と穏やかに接することができたからかもしれません。

なので、両親に対して「ああすればよかった」という後悔がないんですよね。

もちろん今、父や家で1人でいる母のことが心配ではありますが、

来週から新学期も始まりますし、自分は自分の職務をタイで全うしながら、

父の回復を待とうと、そのように考えております。

病室の父、実家の母、そしてタイにいる私、

「身体は離れてるけど、心では繋がっているような。。」

そんな陳腐な表現が今は妙に納得できたりするのです。

ただこんなことを言うと、シニカルなところのある父には

「ま、お父さんはあまりそうは感じなかったけど」

とさらっと流されそうですけどね
FullSizeRender



今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(1)

2020年06月24日

あと1週間で新学期

みなさんおはようございます。

コロナによって1ヶ月半延期された公立学校の新学期が

いよいよ来週の水曜日にせまってまいりました。

コロナ対策を講じながらの新学期オープンということで、

密を避けるために、1教室に入る生徒数を20人以下にするということは

以前から聞いていたのですが、一昨日の学校の会議で、

学番の偶数と奇数で生徒を半分に分け、1日交代で登校させるということに

決まったようです。

登校組はいつもと同じように教室で授業を受け、

自宅組は同時刻にオンラインで授業ということになったのはいいのですが。。

実はうちの学校、

① wifiの環境が劣悪

② プロジェクターがぶっ壊れてる教室が多い 

③ スピーカーがハウリングしやすい

とデジタル教育を施すにはなかなかハードなんですよねー。

そんな中、どれぐらいのことができるかはわかりませんが、

「できないこと」より「できること」を意識して臨む他ないなーと、

ちょっと脳内で授業シュミレーションを始めています。

しかし授業が今までより大変になるという、教師側の話より

もっと大きな問題だなーと思うのが、生徒側の抱える事情だと思うのです。

このようなツイートをした後に、高3のライングループを開いてみると

泣き顔スタンプとともに、

「友達みんな奇数でわたしだけ偶数〜」って書いている生徒がいました。

高校生活というのは、人生においてもすごく特別な時期だと思いますし、

僕もそうですが、何十年経っても変わらず心許せる友人というのは、

大学時代の友人より、中学・高校時代の友人の方だと

おっしゃる方は多いんじゃないでしょうか。

そんな関係性は、毎日毎日顔を合わせて、くだらない話で盛り上がる、

FullSizeRender

そんなことから出来上がってくるものだと思います。

それが、今回のコロナによって、いつもの友達と会えなくなってしまうのですから、

これは大げさではなく、なかなか残酷なことなのかもしれません。

友人だけではなく、中には交際しているカップルなんてのもいるわけで、

「奇数と偶数で引き裂かれる恋」なんてのも出てきたりするかもですね(笑)。

日本に比べれば、国内での新規感染者も1ヶ月ゼロ行進ですし、

一斉登校でもいいんじゃないかなぁ?とは思うのですが。。

でも、この安定した状況がさらに1ヶ月も続けば、

再来月にはもしかすると、一斉登校復活の嬉しい知らせが入るかもしれません。

1日も早く、生徒たちが不安なく友達たちと

教室で笑い合える日が戻ってくればいいですよねぇ。

もちろんその方が、こちらも何かとやりやすいですしね


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)バンコク | 日本語教師

2020年06月22日

深夜特急再放送

みなさまおはようございます。

今夜から3夜連続であの名作「深夜特急」が再放送されると聞き、

先週「深夜特急」に関するツイートを3連投したところ、
いつもとは違ったその反応の良さに、

やはりこの作品に思い入れがある人が多いのだなぁと、再認識いたしました。

深夜特急への愛をこんなに連打しておいてなんなのですが、

実は、私、バンコクを初めて訪れた33歳までは、

全くと言っていいほど旅に興味がない人間でした。

しかし、人生というのはまことに不思議なもので、

国がどこに位置するのかも知らない中で、半ば無理やり連れてこられたバンコクだったのに、

ドンムアン空港から一歩でた瞬間に「ここだ」というインスピレーションを受け、

それをきっかけにタイとその周辺国をよく旅するようになったのでした。

そしてそんな中、その時にはすでに、発売されてから15年ほどたっていた、

当時のバックパッカーの聖書ともいうべき沢木耕太郎氏の「深夜特急」を手にしたのでした。

インドからロンドンまでバスで移動するという酔狂な目的のためだけに旅に出た、

若き日の筆者、沢木耕太郎。

スタート地点のインドまでたどり着くまでに、香港、タイ、マレーシア、シンガポールと何ヶ月も費やし、

そのアジアの呪縛から逃れるために、ついにインドのカルカッタへと飛んだ筆者。

そのカルカッタ編が非常に印象的で、今から13年前に20日間のインド・ネパール旅行に出た時も、

わざわざスタートをデリーではなく、カルカッタにしたほど。

こんな風に「深夜特急」に影響を受けて、沢木さんが記した場所を目指し、

バックパックを背に旅に出られた方も多いのではないでしょうか。。
FullSizeRender

そんな名作深夜特急ですが、今夜から再放送されるドラマ版では、

もちろん原作と異なるシーンもあったりするのですが、

そんなことが全く気にならないほど、

大沢たかおさんの演技がかっこよくて素晴らしいんですよね。

いや、その姿は演技というよりは、若き日の沢木さんが乗り移って旅をしているかのよう。

フィクションとノンフィクションが程よく混じり合い、

その素晴らしい演出で、各旅先の匂いが画面から立ちのぼってくるのです。

現在はそれこそyoutubeなどで全世界の綺麗な景色をいつでも見られるわけですが、

「深夜特急」のあの臨場感には全くもって叶わない、そんな気さえするのです。

もちろん、このドラマも20年以上前に放送されたものなので、

現在とは旅のスタイルは全く異なっていることでしょう。

しかし、旅の中でこそ得られる、感動、寂寥感、無力さ、達成感などは

普遍的なものとして、今の若者たちにも十分伝わるものなのではないでしょうか。

深夜特急(1~6) 合本版
沢木 耕太郎
新潮社
2015-03-20



劇的紀行 深夜特急 [DVD]
松嶋菜々子
ソニー・ミュージックディストリビューション
2002-03-20



今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)