2016年12月10日

ひとりめしの定番 part1

今日の昼は一人でご飯。

ひさしぶりの休日おひとりさま。

さて何を食しますか。

Aが好きじゃなくて、僕が好きなもの~ 

を頭でめぐらして、

決定!!

丸亀製麺@バンコク!!

最近バンコクとその郊外に支店も増えてまいりました。

もはやタイの国民食となりつつ ラーメンほどではないですが、
着実にファン層を広げている感あり。

で、セントラルラマ9のフードコート内にも最近できたので、
ひとりの時はよく利用しています。

メニューにはトムヤムうどんもありますね。このメニューからいつも頼むのが、下の右から2番目。ひやしぶっかけ温玉のせ。
に、トッピングで、エビ天やかき揚げなど。

今日は体が炭水化物を欲していたので(いつもですが)
おにぎりも追加注文

おにぎり新しくにぎりましょうか?と
店長らしきお兄ちゃんに素晴らしい笑顔で 聞かれ、

おなかがすいていたので、
ここに置いてある冷めたやつでもいいのですが、と言いかけたのですが、
せっかくのサービス心。素直に受け取ることに。

おにぎり担当は若いお姉さん。
ジャーからご飯をはこんできて、まな板にどん。
その作る様は、子どもが海岸で砂遊びをしているよう

にぎるというよりは、ガンガンかためていきます。

そして、最後に鮭のそぼろを上にのっけて完成

といきたいところですが、このそぼろ、こばれるこぼれる。

それもなんとか無理やりかためて、のりを巻き、今までの努力が無駄にならないよう、そっとお皿に。

気を付けてねー。バランスが重要だよー、お姉さん。 

子どものはじめての料理を見守る母のような気持ちになり
ほっこり??


                完成品。145バーツなり。

でね、

この芸術作品のおにぎりね、

めっちゃ冷え冷えでした

サービス精神100点、サービス内容20点

これが、この国の魅力でもあります

今回もお読みいただきありがとうございました。


  


berialshunnya at 17:00|PermalinkComments(2)バンコク | 日本料理

縁は空をこえてpart2

連休1日目の朝は、縁は空を超えてpart1の続きです〜。
そんなこんなで無事高野山大学通信制大学院に入学を果たしたわけですが、

まず僕を待ち構えていたのが、レポートの山。

通信制なので、やるもやらないも自分次第。やらなくたって誰に怒られるわけでもない。

もともと頭に努力・根性の鉢巻き巻いて頑張るタイプでもないし、勉強のために睡眠をけずるタイプでもない。

睡眠もわりとたっぷり目にとるタイプなもんで、11時には寝床ではなくてもう夢の中。

なもんで、

腹をくくって、焦らず、一歩一歩進むことに決めました。

できることをひとつひとつやっていくと、いつか頂上が見えるのさ!
と、お得意のポジティブシンキングで歩いていくことに。

さてさて、必須科目は?

シラバスに目を通すと、

密教入門・密教学概論・密教史概説・弘法大師伝・仏教要論

密教や仏教に興味はあったけれども知識なんてほぼゼロの僕・・

大丈夫かい?、と折れそうになるも

いやあ、知識ゼロの分だけ、素直に知識が充填されるのさ!!とまたも前向き

2014年5月から9月までは、修士論文のことはひとまずおいておいて、レポートと結構真摯に向き合いました。
ただ、仕事もあり、フィットネスも行きたい、さっきも言ったけど11時には寝る、の生活ですから、そうそう時間もとれません。

なもんで、文章が書ける気がしたときに、仕事の合間でも家でもフィットネスでもsurface2を開いてちょこちょこ書いていきました。
                     イメージ図^_^ 

場所が変わればまたアイデアも浮かんだりするので、時にはAが洗車してる間に洗車場で書いたりとか。今でもその場所を通ると慈雲尊者のお顔が浮かびます。(江戸時代の真言僧に関するレポートだったんですよ)

レポートなんて20年以上書いてなかったので、最初はとまどいましたけどね。
でも、頭の中にうかぶアイデアの元型みたいなものを、こねてひねって文章という形に成形する作業は楽しくもありました。

さらっと読むだけではなかなか入ってこない密教や仏教の内容も、自分の言葉でまとめることで、自分なりの理解ができたような気がしました。

レポートの点数がよかったりすると、やるじゃん って素直にうれしかったですしね。

課題をこなすレポートにもなれ、単位もそれなりに集まってくると、次に考えなきゃならないのが、修士論文です。

「修士論文」

・・若き日に会計学修士をドロップアウトした時に書かずにやめてしまったアイツ。

・・喉にずっと刺さってた小骨

今こそ対決の時。

いいテーマをみつけて書ききってやるぜー!!

でも、テーマ何にしよ ??

まだ先は長いのでありました。。

続きは 縁は空をこえてpart3 にて。

公開日は未定です

今回もお読みいただきありがとうございました。 




berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)バンコク | 仏教

2016年12月09日

テートマハーチャートpart2

2日を通して行われたテートマハーチャートですが、

今まさにクライマックス。

最後の13話目は教師陣の時間。

校門に集まり、講堂までこれまた賑やかにパレードです。
みんな最高の笑顔で、手拍子したり、踊ったり。

最後の章はプラウェートサンドーン王子の他国への象の寄進の慈悲心をみなが心より理解し、王子はまた国に迎え入れられるという話だそうです。

この話を日本の浪曲のような節回しで、僧侶がお語りになります。
すごく張りのあるいいお声。
体に染み渡ります。

でも、今教師陣の心の片隅にあること、僕は知ってます。

それは大量に寄付された果物の行方。
毎年最後にみんなに配られるんですよね。

市場かと思うぐらいの果物の山

 昼間から先生たち、リンゴがいいやら、バナナでもいいやら、盛り上がってましたから       
さて、その時間がきましたよー
すごすぎるー

さて我々の収穫はー

 なんとか少しずついただきました。

縁起物なので、ありがたくおいしくいただきまーす!

さてさてこの行事が終わると、もうすぐ中間テスト。

テスト作らなきゃ

ではみなさんよい週末を。

今回もお読みいただきありがとうございました。

バンコク(海外生活・情報) ブログランキングへ




berialshunnya at 19:00|PermalinkComments(0)バンコク | 日本語教師