2020年02月25日

現在様子見

みなさんおはようございます。

タイからすっかりコロナウイルス感染大国に指定されてしまった感のある日本。

「日本からの帰国者・入国者は、入国後14日間、人が集まる公共の場所に行くのを自粛してください」

という要請が、タイの保健省から出されたようです。

先週は、タイ人に対して、日本旅行を自粛するようにという通達が出され、

みなさんこぞって、今年の桜は諦め、エアチケットやホテルのキャンセルにバタバタしています。

このように相互の行き来が激減する中、

毎年恒例、京都西京高校と当校の文化交流会が再来週に迫ってまいりました。

一応、当校の学長にお伺いを立てたところ、予定通り来てもらってかまわないとのこと。

こちらはスタンバイOKです!という旨を西京高校の先生にお伝えして、

日本サイドのこれからの成り行きを見守っているというのが現状。

毎年、同年代の日本の学生との交流をきっかけに、

今までなんとなく勉強していた日本語を身近に感じられるようになり、

日本語学習への意欲が沸き起こる〜、なんていう

わっかりやすいポジティブな連鎖を起こしてくれる生徒もいます。

西京高校の生徒さんにしても、海外への修学旅行が楽しみなのは当然なわけで、

現在、ドキドキしながら、最終決定を待っているとのこと。

来たい日本の学生さんと来てもらいたい当校の生徒。

IMG_7387

日タイ青少年の貴重な機会が失われないよう、

私も西京高校の先生も祈っている毎日なのであります。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

twitter→こちら 

Facebook→こちら

インスタはこちら→https://www.instagram.com/shunnyaberial/



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)バンコク | 日本語教師

2020年02月23日

Google Photos

みなさんおはようございます。

私が今もまだしつこく使い続けている旧型スマホ、Iphone7plus。

隙間時間(なんて偉そうな言葉をつかうほどには忙しくしてませんが)にこのブログを書くのにも重宝させてもらっています。

あ、そういや、3年前にこの機種に変更した嬉しさから、このブログをスタートさせたんだったっけ。。

3年といやあ、その間にいろんなことがあったわけで、あんなことこんなことが、このIphoneの写真を開けば、よみがえってくるわけです。

しかし、整理整頓があまり得意でない私、写真もアルバムごとに保存なんてできるわけもなくこのIphoneの中に散らばっている1万枚以上を、次の機種変更にあたってどないしようかと思っていたのですが、

いやはや、こんないいものがあったんですね。

その名もGoogle Photos。
FullSizeRender

テクノロジー音痴の私が知らなかっただけなのかもしれませんが、これ最高やないですか。

容量無制限で無料でGoogleさんが写真を保存してくれて、どこでいつ撮ったかもわかりやすく時系列で勝手に並べてくれるというもの。

これで、もしこの携帯をなくしたり、新機種への移行に失敗しても、この3年間のメモリーは失われることはないわけですな。

さてさて。。

先ほども言ったように、写真を見ればその写真に付随する記憶も呼び起こされるものですが、

もちろん昔は、今ほど写真が気軽にとれるわけではありませんでした。

なので、記憶につながる写真もあまり残っていないわけです。

学生時代の記憶があまり蘇ってこないのって、

もしかして、記憶にアクセスするアイテムがないからなのでしょうか。

とすると、今の子たちが、僕の現在の年齢になったとしたら、

ありあまる過去の写真から、その時に思い出に容易にアクセスできるのでしょうか。

なんて、思ったりもしたのですが、

記憶が蘇ってこないのって、実は思い出したくないだけなのかもしれません。

あまりいい思い出のない時代の写真ってのは、残っていない方が、

精神衛生的にいいってこともあるよなと、

いい思い出しかない、この3年間の写真を見ながら、考えたりしたのでした。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

twitter→こちら 

Facebook→こちら

インスタはこちら→https://www.instagram.com/shunnyaberial/



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)バンコク | 日本語教師

2020年02月20日

これもSNSのおかげ

みなさまおはようございます。

いつものようにFaceBookを、スクロールしながら眺めていると、

チャンビールのサッカーチーム(日本でのJリーグみたいなもんですね)

のユニフォームに身を包んだ見覚えのある顔が流れてきました。

IMG_4513

実はこの選手、高2の時に、ティーンエイジのナショナルチームに選抜されて、

イギリスにサッカー留学した、日本語クラスの生徒だったんです。

こんな感じで、昔の生徒の活躍が目に見えてわかるのも、SNSのおかげ。

彼ほど目立った活躍をしていなくても、

「あー、結婚したんだぁ」とか「ほー、日本で勉強してるんだぁ」とか

卒業後の彼らの姿が垣間見られて楽しいわけです。

「あれあれ?高校の時彼女を取っ替え引っ替えしてたのに、今は彼氏かよ」

なんていう、なんともタイらしい話もリアルにのぞけますしね(笑)。

タイの学校では、生徒と教師が、ラインやSNSで繋がることは当たり前。

そのおかげで、会うことはなくなっても、生徒となんとなく繋がっていられるわけであります。

僕が受けもった卒業生の数は、およそ400人。
FullSizeRender

これからも、いろんな姿で、僕の目を楽しませてくれることでしょう。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

twitter→こちら 

Facebook→こちら

インスタはこちら→https://www.instagram.com/shunnyaberial/



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)バンコク | 日本語教師