2020年10月21日

おねだり上手も一つのスキル

みなさんおはようございます。

現在テストの採点を終え、1学期の総合点をまとめているところですが、

この成績に関しては僕は相当甘めでありまして、

やることさえやってれば、だいたい一番いい成績である「4」がとれるように、

課題を与えたり、テストを作成したりしています。


辛めの成績をつけるより、

あいつでもあんないい成績が取れるなら、自分でもいけるんじゃない?

って思ってもらおうという趣旨もあると言えばあるのですが、

まあそれは、自分のこの甘々な性格に対する単なる言い訳かもしれません(笑)。

しかし、ここまで甘くしてやっても、クラスの3分の1は「4」に届かないのが現状。

この間の高2のテストでも

「この問題が一番簡単だから絶対間違うなよ」って教え込み

「ラジャー!任せといて」って言っていた男子生徒の解答用紙を見て

「新婚さんいらっしゃい」の桂文枝師匠のごとく

椅子から転げ落ちそうになってしまいました。。

それでも、何回も気をとりなおしながら、採点を行い、

1学期の総合点と成績をクラスのグループラインに告示したところ、

来るだろうなと思ったら、案の定やって来ました。

「先生〜!あとたったの2点で70点だよ〜。2点分課題ちょうだい〜」

っていう件の男子生徒。

こちらも、先ほど裏切られたばかりなので、

その裏切り行為が記された解答用紙を見せながら

「やだ」って不機嫌な顔をしてみせるのですが、

それでも、「ね、ね、ねーてば、ねー」って擦り寄ってこられると、

「あ〜、もうわかったから」ってなっちゃうわけです。

しかし、こういう言ったもの、ねだったもの勝ちというのは、

実社会でも多く見られることで、買い物をするときなんかでも、

「買うから何かおまけつけてー」とか「もうちょっと値引きしてー」とか

「また友達紹介するから、ね、ねー」とか、

とりあえず言ってみないことには、特別サービスが受けられないこともありますし、

交通違反の取り締まりでの警官とのやりとりでも、

「切符を切らずにこの場で済ませてもらえませんかねー」なんていう

やりとりでウィンウィンに持ち込むみたいなこともあったりするわけです。

「お願いすれば、なんでも通ると思うなよ」ってのも正論ではありますが、

「お願いしないことには、通るものそもそも通らない」ってのも、また真実。
image

同じお願いでも、通るか通らないかを決めるのは人間力。

うちの子たちは学力や経済力では優秀校にはかなわないかもしれませんが、

そこは人間力でカバーしてほしい、と願いながら、

結局は、無理やりひねり出した特別課題を彼に与えて、

「先生、コップンカップ」とワイをされる私なのでありました。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



2020年10月19日

他校の生徒と交流してみて。。

みなさんおはようございます。

この土日、とある有名公立学校の高2の日本語キャンプのお手伝いに行ってまいりました。

あ、キャンプといいましても、泊まりがけで

キャンプファイヤーを囲んで肩を組みながら。。

というものではなく、

要するに日本語クラスの学生が教室をはなれて、

日本語を使ったゲームや課題などに楽しく取り組む、

と言ったもので、キャンプとはいえど催し会場は講堂。

その学校、優秀な学生が多いというのは知っていましたが、

からんでみると確かに肌で感じる「できる」感。

今まで勉強してきたことがピラミッドのように

着実に積み上がってきているような感じといいましょうか。

いつも波打ち際に砂山を作っている身としましては(笑)

ちょっと圧倒されるような、そんな気にもなったのでした。

image

さて同じ公立学校でも、色々あるというのは、ここでも何回も書いてきましたが、

身も蓋もないことを言いますと、

家庭の経済力と、子供の学力というのは、一部の例外を除いて、

ほぼ正比例の関係を示すものであることは間違いないと思います。

評判の良い学校には、教育熱心な父兄からの寄付金も多く集まり、

そういった環境で子供たちは、同じような境遇の子供たちと時間を共にし、

楽しみつつ勉学に取り組んでいくという相乗効果が見られます。

そしてその逆もまた然りなのであります。

バンコクの教育熱心な親御さんが一番気にかけてらっしゃるのが、

実はこの「教育環境」なのではないかと感じることが度々あります。

それは、そういった環境の中で培われていくコネクションが

社会に出てから成功の切り札になることをご存知だからだと思うのです。

image

「できる」高2の生徒さんたちと時間を共有しながら、

「できる」とは言えない僕の高2の生徒たちの顔を思い出し、

あの子達、世知辛い世の中でちゃんとやっていけるのだろうか、

とちょっと胸が苦しくなったというのが、

今回のキャンプの正直な僕の感想なのでありました。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)

2020年10月16日

暑くて不衛生な場所

みなさんおはようございます。

最初に申し上げますが、今日の記事は短めに終わらせますね。

というのも、実は現在、ちょこっと体調を崩していて、

元気度がいつもの70パーセントぐらいなのですわ。


僕は体調を崩しても、熱が出たり、食欲がなくなったりすることはないので、

病気というほどではなく、デトックス週間なのだろうと、勝手に理解しています。

image


実は、うちの学校というのは、バンコクのラチャダー通りという

繁華街の中に位置する学校で、その場所柄もあって、敷地面積は狭いのですが、

生徒数は中高で2500人、職員数は100人と、「密」を形成しやすい環境。

また、蒸し風呂のような教室とクーラーで極寒の職員室という、

1日に何度も経験する温度差も、体にいいわけはありません。

また、断水になることもしばしばあり、

まず水の流れを確かめてからでないと、恐ろしくて用が足せなかったりと、

衛生面にも少々不安があるのも確か。

5年ほど前に、デング熱が流行した時、

汚水溜まりから蚊が大量発生したのか、バンコクの公立学校で、

罹患した生徒数が第3位とかいう不名誉な事態も発生し、

不幸にも中学生の生徒が一人亡くなるということもありました。


バンコクでお仕事をされている日本人の方のほとんどが、

適度な空調が保たれ、断水や停電の心配もない近代的なオフィスビルで

働いていらっしゃるであろうことを考えると、

薄給でこのような環境に身を置いている50代のおっさんってどないやねん

と思うこともあるのですが、

なんやかんや言って、そんな環境を楽しんでいる自分もいたり。。

昔からわかってたことですが、かなりのM気質なんだと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらのボタンもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao