2022年10月28日

タイぐるり怪談紀行の裏側

みなさん、お久しぶりです。

3週間にわたる一時帰国を終え、先日バンコクへ戻ってまいりました。

2学期の授業開始は来週からなのですが、教師はそれに先立って登校。

でも授業の準備はまだいいか、ということで、

職員室でこのブログを書いております(笑)

さて、このブログをお読みになっている方は、

おそらく僕のSNSと繋がっている方が大半?だと思うので、

詳細はぶっ飛ばしますが、

私、先月『タイぐるり怪談紀行』という本を上梓いたしました。

IMG_7531

タイの各地の怪談とともに、タイを一周するというこの裏紀行本、

自分で言うのもなんですが、いや自分が書いたから当たり前なのですが、

(自分にとっては)相当に面白い内容となっております。

在タイ日本人の方から教えていただいた怪談もあれば、

タイのテレビ、新聞、ネット記事を元におこした話、

そしてもちろん、私が勤める現在の学校にまつわる「学校の怪談」も。

思えば、この学校で、日本人とは隔絶され、

ずっとタイ人の教師・生徒に囲まれて生活してきた経験がなければ、

この本を書くことはできなかったかもしれません。

と言うのも、長い学校生活の中で見えてきた

「見えないものたちとタイ人の絶妙な距離感」

と言うのが、この本の大きな軸になっているからです。

怪談というと、日本では「好きもの」同士だけで共有する、

実生活とはかけ離れた「向こう側」にあるものと認識されていますが、

こちらタイでは「今日何食べる?」と同レベルで語られる、

生活に根付いた「こちら側」に存在すると言ってもいいもの。

僕が不思議かつ面白く感じたこの違いを、日本の方にも味わってもらいたい、

それがモチベーションとなったおかげで、

コロナ禍のロックダウンの中で一気に書き上げることができたのです。

「ウィズ幽霊」なタイ人の生活とは、どのようなものか・・

気になった方、ぜひこちらでポチっちゃってくださいね。

タイぐるり怪談紀行
タイぐるり怪談紀行
バンナー星人
アプレミディ
2022-10-26


最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらのボタンもポチッとよろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

instagram→https://www.instagram.com/shunnyaberial/
twitter→http://twitter.com/berialshunnya
facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(2)

2022年09月21日

今学校に思うこと

みなさま、お久しぶりです。

前回記事のタイトルが「15年目スターツ」となっておりましたが、

更新を怠っているうちに、15年目も折り返し地点まで来てしまいました。

今は、すでに1学期の期末試験も終え、成績のまとめをしながら、

来週末に控えた一時帰国に思いを馳せております。

今学期もいろんなことがありましたが、

日本の恒例行事を真似て、漢字一文字で表すとすれば

「変」。

コロナ禍の中、2020年度の2学期からオンライン授業に移行し、

2021年度にいたっては1年を通じてオンライン授業だったためなのか、

通常登校に戻っても、コロナ前とは何かこう空気感が違うのであります。

IMG_4048


これは個人的な感想ですが、前国王が崩御された後あたりから

徐々に若者たちの思想や考えに変化が生じ、

このコロナ禍がそれを後押ししてしまったのかもしれません。

また、僕が15年前に勤め始めた頃は、先輩先生ばかりだったこの学校も、

今では、僕が最年長になってしまうほど、教師陣も若返りました。

7−8年前までは、まだ木の棒でバシバシ生徒を叩いていた先生もいましたが、

今や、そんなことをすれば、すぐにSNSであげられて炎上する時代。

このブログを始めた頃と比べても、学校や生徒の雰囲気は変わってしまったわけです。

あ、でも「昔はよかった」と懐かしんでいるわけではないんですよ。

むしろ、このダイナミックな変化を楽しんでいきたいなと、そんな気持ちでいるのです。

僕も還暦まであと5年ちょい。

いつまで勤められるかわかりませんからね。

どんな状況であれ、「今」を味わっていこう。

そんな風に改めて思っています。

では今回はこのへんで、失礼したします。
 
こちらのボタンもポチッとよろしく!にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

instagram→https://www.instagram.com/shunnyaberial/
twitter→http://twitter.com/berialshunnya
facebook→https://www.facebook.com/shunya.nagao



2022年05月21日

15年目スターツ

みなさまお久しぶりでございます。

2565年度(こちらでは仏暦表記がデフォルト)の1学期がスタートいたしました。

去年は丸々1年オンラインだったので、教室でリアル授業もう無理〜

なんて思ってましたが、蓋を開けてみれば、

久しぶりに乗る自転車みたいなもんで、すぐに馴染むことができました。


ま、授業自体は、問題ない、

いや、もとい、「問題があってもなんとかする能力」

にはいささかの自信があるので大丈夫なのですが、

実は訳あって今年から副担任なるものを任されることになってしまい、

15年目にして初めての仕事に、少々戸惑っているわけです。
IMG_5415

「どうせ名前だけ」だろうなんてタカをくくっていたところが、

毎日ホームルームに顔を出さなきゃいけないわ、

その任された高2クラスというのが、まあまあ問題児が多いわ、

と学期開け1週間も立たないうちから、もうすでに波乱含み


この流れだと、担任の先生と一緒に家庭訪問まで行かされるんじゃあないかと

同僚先生にまでからかわれる始末。

でもツイッターでも書いた通り、無責任に人の話に首を突っ込むのが嫌いでは、

というか大好物な性格なので、それはそれで面白そうとも思っております。

お金や時間よりもほしいのは「話せるネタ」。

なんや面倒くさいことも増えそうですが、

おかげで今までよりもさらに深く、タイの子供の実態に迫れるのでは?

と前向きに考えることにいたしました。

というわけで、ネタ披露の場として、

このブログもたまには更新していくと思いますので、改めてよろしくお願いいたします。

ではではまた・・







berialshunnya at 09:00|PermalinkComments(0)